【徴用工訴訟】日本政府、韓国対応に業煮やす 日韓首脳会談見送りか

この記事もどうぞ...








10/31神奈川市役所 詐欺映画「主戦場」糾弾記者会見

7 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    韓国政府が何のコメントもせず時間稼ぎしてる間に、
    原告弁護団が諸々の手続き進めて既成事実化しようってぇ、卑怯卑劣な算段だ。

    韓国政府に仲裁委員会の設置を求めたことを、国際社会にも発信すべき。

  2. 2
    名無しさん says:

    遠慮は要らないよ、国家総出で韓国を攻撃しなさい
    それに値する程酷い国なんだからな徹底的に行こぜ。

  3. 3
    名無しさん says:

    威勢のいい口だけだなぁ。なーんも制裁せずに韓国に譲歩ばかりやん。で?今度は韓国から学生を新規社員で登用とか。日本にいる引きこもり200万人を助けたら〜?

  4. 4
    真実史観 says:

     韓日条約で支払い完結済み(現在の支払い責任者は韓国政府なのだが、司法に責任転嫁して居直り強盗)!韓国が支払えば済む話なのに、韓国の司法や大統領や首相が、徴用騙り振り込め詐欺ギャング団と化し!恐喝している!振り込むな!国際司法に引きずり出し!二度と繰り返せぬよう完膚なきまでに、叩き潰せ!

    真実史観

  5. 5
    名無しさん says:

    仲裁委員会もICJ提訴も所詮はプロセス
    早くどんな制裁に踏み切るのかを見たい

  6. 6
    名無しさん says:

    徴用工訴訟は、挺対協が市民団体名を変えて、人権弁護団とやらを雇い、尻つぼみの慰安婦に代る新たな反日”タカリ”を始めた。徴用工問題は 1965年の 日韓基本条約で、米国の仲裁で日本が一括して賠償金を支払い、国際社会に認められている。
    自由応募の朝鮮人労務者(当時)を国や企業から強制連行された徴用工だとして、慰安婦問題の挺対協が市民団体名を変えて人権弁護団とやらを雇い、人権弁護団ズラした奴らが、在りもしない史実をでっち上げて、都合が悪くなったため 挺対協は咋年7月、急に正義連(正義記憶連帯)と名称を変え解散した。

    一連の徴用工訴訟の黒幕であるムン・ジェイン韓国政府は、司法には口出し出来ないと嘘ぶいて黙認している。

    要するに徴用工訴訟も慰安婦問題も、韓国政府黙認で自称市民団体を利用した、いつもの お家芸タカリビジネス!

  7. 7
    名無しさん says:

    業を煮やすどころか、徴用工にしろ慰安婦にしろ裁判官を入れ替えたムンが主犯だしレーダー照射もムンの方針(瀬どり支援)に軍が従っただけでしょ。
    いままで何やってたんだよカス政府

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング