【生中継】日イラン首脳 共同記者発表 放送同時提供

この記事もどうぞ...

6 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    ドラゴンクエスト10の有名プレイヤー、熊沢英一郎さん(ひきこもり、国士様、自称イラストレーター)の壮絶な人生

    @hiromi_kanzaki
    野党議員全員クビにして自民党だけで無駄な時間使わずさっさと政治すれば済む事です。政治のノウハウを知ってるから自民党が安心なんです。
    あの暗黒の時代を忘れましたか?パヨクのゴミ屑共は政治犯と言っても過言ではない、あの愚策だらけの連立政権をもう忘れたのか?

    @hiromi_kanzaki
    主にパヨクの自称人権団体はこいつらを助けて俺達スゲーだろ、と少年法を更に歪ませるんですよ。
    統一教会を悪く言うな  印象操作だ!!!

    @hiromi_kanzaki
    TVで馬鹿言ってんじゃねぇ!!!慰安婦なんてチョ,ンのでっち上げた嘘だぞ!そんな物は元々存在しません!!!!
    慰安婦なんてチョ,ンのでっち上げなのに、それに応じる安倍首相もなんだかなぁ・・・。

         ↓

    元農水次官の父親に刺され死亡
    殺されたにもかかわらず世間からは社会のゴミ扱い
    一部マスコミからは容疑者として紹介される

    • 1.1
      名無しさん says:

       嫉妬に狂ったパヨクが懲りずにオ〇ニーコピペを繰り返してるな。

  2. 2
    名無しさん says:

    アメリカ-イラン首脳会談あるか?w

    場所は…

    • 2.1
      名無しさん says:

      アメリカはイランと本気で戦争する気はなさそうだから、
      適当なところで手打ちの会談はあるかもね。

  3. 3
    名無しさん says:

    イランが核保有を断念しない限り、この会談は意味のないものになるだろう。一応、総理が米の意向を伝え、イランの意向を米に伝えるぐらい。濃縮ウランやプルトニウムを北朝鮮が中国経由でイランに密輸しているという情報もある。(だから英仏まで瀬取り監視に協力してるのでは)表面上の歓迎の様子で「日本の外交力はすごい」って喜ぶのは気が早い。イランにとってはただの時間稼ぎ。

  4. 4
    名無しさん says:

    マスコミ主導でのトランプのアホ扱いはいい加減止めるべき。
    核合意は15年のモラトリアムでしかなく、期限後の核開発再開を止める手立てはない。オバマのレガシーだからトランプが引っ繰り返したって解説は正しい情勢分析を阻害する意味しか無く、仮にトランプが放置しても期限が切れる10年以内に新たな米大統領が核不拡散の為に新たな手立てを打つ必要に迫られたのは確実。
    但し、対イラン外交の最終目標は軍事的制圧じゃない。軍事力で圧倒しててもアフガン、イラク戦争後にゲリラ戦で削られ続け、終わりなき不毛な平和維持駐留への反動でオバマ大統領が誕生した同じ轍は踏まないだろう。

    イラン外相が突然訪日した時点でイラン側は日本に対米折衝の仲介者を期待したのは確実で、こう動いた以上はアメリカと交渉する用意があると言外に明らかにしている。
    また、日本側からイラン訪問に関して説明を受け、これを容認した時点で米側にも対イランでの落としどころを模索しているのは明白。もし、安倍総理のイラン訪問後にアメリカが何らの交渉も行わないとしてイラン訪問の外交的価値を無為にした場合、安倍総理の外交的評価が落ちるだけに留まらず、友好的な外国首脳の少ないトランプの外交上の選択肢が減る意味で間接的にアメリカの外交力が落ちる事になる。何も与えられないなら安倍総理のイラン訪問前に期待を削ぐようなアナウンスを予め打っておくべきだった。逆にそれをしていない以上、ホワイトハウスは安倍総理のイラン訪問へ期待する部分がある訳だ。

    アメリカの新たな対イラン制裁は一定の条件に引っかかった対象への措置であって、対象が限定的な事からも対イラン外交での意図を汲もうとする方が間違ってる。
    情報の取捨選択が出来ない連中、特にトランプを低く見る連中が外交分析をマスコミで行い続けてるから、マスコミの逆に真実があると考えた方が正解に近づくだろう。ニュースを見る程に間違った考え方に染まってしまうんだから、皮肉なもんだw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング