【毎日新聞】GSOMIA破棄で新大久保のコリアンタウン、日韓関係のさらなる悪化を心配する声「経済面でのマイナスは明らか」

この記事もどうぞ...








10/31神奈川市役所 詐欺映画「主戦場」糾弾記者会見

15 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    結果

    困るのは在日や帰化だけ

  2. 2
    名無しさん says:

    日本に寄生する朝鮮人vs日本に寄生する朝鮮人

    朝鮮人やパヨクは都合が悪くなるとすぐに裏切って逃げるから、ますますこの動きが加速するね。笑えるね。

  3. 3
    名無しさん says:

    新大久庭は
    若い子で一杯って設定なんだから弱音吐いてばらすなよwww

    朝日毎日の売国新聞がそういってたぞw

  4. 4
    名無しさん says:

    米国は既にGSOMIA破棄は織り込み済みで、韓国の方からハッキリと米韓同盟破棄まで言い出すのを待っている。米国の標的はあくまで中国で、南シナ海~東シナ海の中国の第一列島線での防衛体制は、フィリピン~台湾~尖閣~対馬での作戦に変更しており、韓国はとっくに蚊帳の外だった。
    習キンペーは2025年までに台湾侵略を始めるとの憶測で、南シナ海~東シナ海で中国(+韓国) vs.米英仏豪比印+日(後方支援と対馬での対韓国軍への日韓防衛)のシナ海戦争が勃発か? 北朝鮮とロシアは不参戦。

    南北赤化統一はほぼ規定路線で、米国は韓国を裏切り者として経済的に焦土化して、米国は南とは一切交渉はしない。中国側に付いた韓国は一気に南北赤化統一に突っ走るが、半島統一の際に北との交渉に韓国をどの程度更地にするか有利な条件を使って韓国を完全に切り捨て、統一朝鮮を支援する。通常兵器だけなら中韓は1週間でボロ負け。金ジョンウンはご褒美に統一朝鮮の高麗共和国を支配する。北のジョンウンは南が勝手に統一した以上は大粛清を開始して内紛が勃発。統一朝鮮は、かつてのポルポト時代のカンボジアの二の舞で間もなく崩壊。

  5. 5
    says:

    経済面でマイナスとか言っちゃってるw
    そんな小さい簡単な問題じゃない。
    米韓同盟は大丈夫?まぁ在日には関係ないか。

  6. 6
    名無しさん says:

    あれっ?新大久保は日本の若者に大人気で賑わってるって設定じゃなかったか??

  7. 7
    名無しさん says:

    1980~90年代ころの新大久保知ってるけど、いつからあんなに「センスの悪い韓国さ」を前面に出すようになったのか。 在日よりもホモがイチャイチャする街だったぞ。 それもJR前の道路の沿線だけで、すぐ住宅地で、そっちには在日なんて住んでいなかった。

  8. 8
    名無しさん says:

    グループCはよ

  9. 9
    名無しさん says:

    GSOMIA少女像でも建てればいいのに

  10. 10
    名無しさん says:

    こういうときこそ「日韓友好のかけ橋」として目先の損得など度外視して頑張らないと。ほらほら頑張れ頑張れ

  11. 11
    日本国民 says:

    日本国民は愚弄し、韓国人には忖度する毎日新聞。
    韓国の国際法違反は問題にせず、いまどき法令無視を続ける毎日新聞。
    こんな新聞は、一日も早く消え去らなければならない。
    毎日新聞に広告を出して、日本国民の洗脳を法令無視活動に資金を出している企業の罪は重い。
    毎日新聞に広告を出している企業を糾弾しましょう。
    毎日新聞をロビーに置いているホテルに強く抗議しましょう。

  12. 12
    名無しさん says:

    最早、崔硯栄氏処か朴一先生すら
    匙を投げるレベル┓( ̄∇ ̄;)┏

  13. 13
    坊ちゃん says:

    女達は夏休み期間に東京土産として新大久保でバ韓国品を買っていくそうな。

  14. 14
    にんにく吐息大嫌い says:

    >>43 >>1
    大丈夫
    胸をはって 日本なぞ見捨てた と帰国帰国

    日本人から金をだまし盗った英雄と賞賛されます。

  15. 15
    名無しさん says:

    祖国の不手際と非礼無礼でこうなっても、
    被害者ぶって自分たちのことしか考えていないんだな在日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング