琉球新報「今が見頃なコスモスはギリシャ語が由来で調和の意味。自衛隊は調和と相反する」

この記事もどうぞ...






10 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

     沖縄に寄生するカオスパヨクの肩を持つ発狂新聞がコスモスなんて言ってもねえ。
     「蒼き清浄なる世界を!」なんてスローガンにするつもり?

    • 1.1
      名無し says:

      むしろプロ市民や極左暴力集団、その賛同者やポリコレ原理主義者こそ調和を乱す危険な不埒者だろう

  2. 2
    名無しさん says:

    毎度おなじみ
    琉球珍報の反日作文
    いつもの様に内容はスッカスカ

  3. 3
    真実史観 says:

    沖縄凶産化の脅威を米国委託統治で護った昭和天皇! 
    1948(昭和22)年3月初旬、「寺崎メモⅡ」 国務省は、再度、寺崎-シ-ボルトのラインを通じ、アメリカが「ソ連の侵略と、さらに浸透から守るため」東アジアの防衛前線(デフェンス・ペリメター)を確認し、新に「南朝鮮、日本、琉球、フィリッピン、それに可能なら台湾を、アメリカの(防衛)前線として」確定するよう要請したメッセージを受ける。 
    ※戦後復興における日本の安全保障の危機、共産勢力の工作の危機を看破した昭和天皇「最強米軍沖縄駐留」再度の念押しである。「可能なら台湾を」の本意は、「可能なら台湾住民を」で、「蒋介石国民党を」ではない。 
     10月に中華人民共和国が成立(中国凶産化) 
     アジアの凶産化は朝鮮半島、台湾海峡、ベトナム等でいつ起きてもおかしくない状況下となっていた。日本国内で強硬に主張されていた「全面講和」は絵空事に過ぎなかった。 
    1950年1月12日アメリカトルーマン政権のディーン・アチソン国務長官が、「アメリカが責任を持つ防衛ラインは、フィリピン – 沖縄 – 日本 – アリューシャン列島までである。それ以外の地域は責任を持たない」と発言(「アチソンライン」)し、韓国は除外された。 
     この発言は、「寺崎メモⅡ(1948年3月)」に、呼応していることを見逃してはならない。昭和天皇苦渋の決断にアメリカは見事に応えたのだ。 
     ネタ元が沖縄タイムズや琉球新報なら、嘘!が、戦後70年!覚醒者の常識! 

    詳細は下記を選択し検索 
    昭和天皇沖縄苦渋の英断一石(統治委任長期貸与)二鳥(防衛主権確保) 
    真実史観

  4. 4
    名無しさん says:

    調和を拒絶しているのに調和を口にするってのは如何なものか?

  5. 5
    名無しさん says:

    コスモス(秋桜)って秋じゃないの?

  6. 6
    名無しさん says:

    最後の一文から逆算して社説を作るのだな琉球新報w。

  7. 7
    名無しさん says:

    植物は自分を防御してないとでも言うつもりか?
    彼らは様々な手段を使って自分を防御しもするし攻撃もする
    自分を食べた者を自らの繁殖に利用もする
    騙してほかの生物を利用したりもする
    植物をもっと研究した方がいいよ

  8. 8
    名無しさん says:

    そのようにけなしつづける自衛隊に、結局有事には守ってもらうことになるのにな

  9. 9
    名無しさん says:

    琉球に外国の進駐軍が二つもあってはならない
    事実、琉球は日本に攻め滅ぼされるまで常備軍を持たずに外交によって平和的に独立を維持してきた
    日本が再侵略を企図しないのであれば、琉球に軍隊は必要ない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング