横浜市南消防団 外国人防災指導チーム発足 韓国籍、中国籍の団員ら10人「同じ国の仲間たちの力に」

この記事もどうぞ...






5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    横浜は昔、朝鮮人が配給米をぶん捕って作ってたドブロクに課税しようとした税務署員が、
    朝鮮人に集団で撲〇される事件があったところだが?

  2. 2
    名無しさん says:

    これが志那の国家動員法の命令で被災地の彼方此方に火つけをするとか、
    志那の国家動員法が有る以上無いとは言えない話、
    当局は平和ボケ真っ盛りかよ。

  3. 3
    名無しさん says:

    まぁ今の日本列島の現状だと、作らないと仕方のない団かもしれないな。気分的には相当イヤだけど。
    自衛隊がパヨク・日本市民のためにも働くのと一緒だと思って諦めるわ。

  4. 4
    名無しさん says:

    「同じ国の仲間たちの力に」じゃなくて、「地域のために」っていう意識で居てほしいもんなんだがな。

  5. 5
    名無しさん says:

    人命が軽い国と嘘と裏切りが当たり前の国の人を加えると私の中の消防団に対する信頼度のイメージが8割以上落ちた…。
    流石、日本人ヘイトの地域は違うぜ!
    早くお金を貯めて市外へ引っ越しをしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング