【経団連】中西会長「外国人労働者をもっと入れろ。人手不足以前に多様な人種を受け入れる必要がある」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1

8 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    榊原は朝鮮人!
    中西も名誉朝鮮人♪

  2. 2
    名無しさん says:

    外国人労働者を受け入れる前に、賃金・処遇を同業他社より良くして、中途採用もどんどん行い、同一労働、同一賃金をきちんと行えば、人手不足にはならないと思いますよ。そういった努力もせずに低賃金で外国人労働者を雇おうという考え方が厚かましい。

  3. 3
    名無しさん says:

    2代続けて売国奴とは・・・

  4. 4
    名無しさん says:

    死んでほしい

  5. 5
    名無しさん says:

    安倍晋三がやってることじゃん

  6. 6
    名無しさん says:

    日立に限らず、経団連に属している大企業は、世界中の子会社・工場を持っているから、労働者の人種にこだわらない。

    そして海外では、日本人幹部(海外子会社の社長・役員・部長)は、警備の厳重な高級住宅地・マンションに住んでいるから、安心して住める。
    しかし、日本に入れた低賃金の外国人労働者は、庶民の隣に住むので、生活トラブルをモロにかぶる。

    また、企業が都合で解雇すると国に帰らず日本に住み続け、生活する金のため、男は犯罪、音は風俗・売春に走る。

  7. 7
    名無しさん says:

    多様な日本人を受け入れないくせに外国人なら入れるとか大馬鹿残酷人間

  8. 8
    名無しさん says:

    外国人が使いたかったらもうその企業が出て行ってどうぞ
    日本では日本人が日本人の使う物だけを作ればいい
    てか、各国でそうすべき、国連仕事して!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング