【ハンギョレ新聞】日本出身者以外へのヘイトスピーチを処罰する条例が、在日同胞が多い川崎市で制定…市長が加害者を告発し捜査を経て処罰する

この記事もどうぞ...








5 Responses

  1. 1
    ななき says:

    川崎は在日チョーセンジンの天国です。
    ここではいくら日本人を差別しても構いません。
    もしなにか反論されたら役所に訴えましょう。ヘイト条例でチョーセンジンさまに日本人が逆らうのは決して許しません。

    新しい在日特権の誕生ですなぁ、

    ( -д-)<ぺっ

  2. 2
    名無しさん says:

    川崎市議会は朝鮮売国奴の巣窟。

  3. 3
    名無しさん says:

    政治家、官僚が日本国最高法規である憲法を蔑ろにする国って日本以外あります?

    国民も納税の義務を放棄してもいいんじゃないかって思う今日この頃

  4. 4
    名無しさん says:

    これで川崎市で在日の方々は通名辞めれますね

  5. 5
    名無しさん says:

    しかしこれって如何するのよ、
    このままでは済まないよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング