【韓国】自分を性暴行した息子のために、母親が減刑の「嘆願書」を提出

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

7 Responses

  1. 1
    (´・ω・`)さん says:

    こんな時のバッカス婆さんなのに・・・・

  2. 2
    へそ吉 says:

    題名だけ読むと、いかにも美談のようですが、記事の内容は朝鮮民族の
    おどろおどろしさ満載。

  3. 3
    (´・ω・`)さん says:

    『だが、待ってほしい』は来年の流行語大賞にノミネート
    されてほしい。

  4. 4
    (´・ω・`)さん says:

    >美談にしたいみたいだけどそもそもレ◯プ自体がおかしい話

    だからレ◯プ自体が伝統文化だって話だろ? 
    そこに近親交配の伝統文化も加わり、まさに韓国文化の政党後継として絶賛されているってこと。
    日本で言えば、文武両道で名をなした男が賞賛されるようなもの。

  5. 5
    (´・ω・`)さん says:

    宣伝か
    頭空っぽだとこれを見て感動wして泣くもんなのかなw

  6. 6
    名無しのえらさん says:

    ※3
    だがちょっと待ってほしい。『朝日しね』を推す意見もある。
    というかスレ違い…

  7. 7
    (´・ω・`)さん says:

    継母の服にA氏のDNAが付いていたということは
    多分あまりにも小さく短すぎたために挿入出来ずに失敗し外でドピュッ
    A氏「(挿入には至っていないのだから)強姦なんてしていない」
    継母「性器を触れる行為自体が性行為、こちらの意思がなければ強姦」
    というような意識の食い違いでなかろうか
    どちらにしろ韓国人の犯罪に対する意識のなさが根底にありそうだが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング