イギリスの屈強なラグビー選手達が靖国神社を参拝

この記事もどうぞ...






7 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    >敵国だった英国でさえ参拝するのに
    ラグビーは「紳士のスポーツ」と言われてる所以なんだけど
    試合が終わったら「ノーサイド」で敵の健闘を讃えて握手してさよならするのが礼儀なんよ
    ちなみに、審判が見てないとこで反則するのも別の意味で「紳士の建前」という意味も含んでるw

  2. 2
    名無しさん says:

    >ノートルダム寺院を訪れるようなもんか
    あほか、アーリントンだよ。同じ軍人なら当然だろ。

  3. 3
    名無しさん says:

    いつからK国人ってラグビーやってるの?日本がかかわるところにほんと入りこもうとするよね。ほんと気色悪い奴ら。

  4. 4
    名無しさん says:

    マウントバッテンが墓の中でひっくり返っているだろうさ。ノーサイドを知らんジョンブルもいる。

  5. 5
    名無しさん says:

     >なんか不純物が一つ混じってるぞw

     生温い。有毒廃棄物と言った方がぴったりだろ。

  6. 6
    名無しさん says:

    皆さん笑顔が素敵なナイスガイ!

  7. 7
    名無しさん says:

    >敵国だった英国でさえ参拝するのに
    70年経ってまだそんな事地球上で言ってるの朝鮮だけだぞ
    そもそも韓国と戦ってない日本だが。
    中国でさえそんなの鳴りを潜めているのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング