Tagged: ウマル

9

【悲報】安田純平さん、日本帰国後 胃潰瘍、不眠に・・・

内戦下のシリアで武装勢力に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が7日、毎日新聞の単独インタビューに応じた。安田さんは、拘束グループについて「パン工場や菓子工場を持っていた。小さいが、やり手の組織だった」と証言。さらに、母親と乳児なども拘束されていたことを明かし「他の組織から捕虜を引き受けているのでは」と話した。

6

安田純平さんに外務省が聴取 3年以上一緒に居た武装勢力の正体がさっぱりわからない様子wwwwwwww

外務省は10月末、内戦下のシリアで武装組織に3年以上拘束されていたジャーナリストの安田純平さん(44)から、入国の経緯や拘束中の状況について事情を聴いた。複数の政府関係者が1日、明らかにした。安田さんは解放の経緯について「身代金の支払いは望んでいなかった。解放された理由は分からない」などと語ったという。

4

【答え合わせwww】安田純平の盟友 常岡浩介氏「ヌスラに『身代金を獲って山分けしよう』と誘われ同意すると待遇が良くなる」

安田純平の盟友常岡浩介
「安田さんと同じくヌスラ戦線に拘束された人によると、ヌスラの幹部から『お前の国から身代金を獲って山分けしようぜ』と誘われたことがある。同意すると、待遇が良くなり幹部と食事もできるようになった」

2

【画像】安田純平さん、前から見ると人質っぽい風貌に見えるけど後ろから見るとすごくサッパリしている。 武装勢力「後ろ刈り上げますか?」 ウマル「いや普通で」

前から見ると人質っぽい風貌に見えるけど後ろから見るとすごくサッパリしている 安田さんは鏡を見て自分で人質っぽく見えるように工夫していたんだろうな だから鏡で見えない部分は綺麗なままになってしまった

7

コラムニスト「スマホで安田さん批判に精出す人は憐れむ要素に事欠かない。憐れまれているみなさんも、こんなことを書いている私を憐れんでくださるでしょうか。同病相憐れむですね。」

 本当に嬉しいニュースです。無事のご生還、おめでとうございます。シリアで武装組織に拘束され、3年4か月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が、10月25日夜に帰国しました。生きて帰ることを信じて待ち続けた両親や妻と再会し、さっそく母親の手作りのおにぎりやきんぴらごぼうをおいしそうに食べたとか。ご本人やご家族の喜びはいかばかりか。いやあ、よかったよかった。

12

パヨク「『どれだけ国に迷惑をかけたのか』『身代金、俺たちの税金』こんな事を偉そうに言うのなら、行政を捻じ曲げ、文書改ざん、自殺者までだし、お友達に税金を垂れ流した安倍晋三にこそ文句を言え。」

「どれだけ国に迷惑をかけたのか」「身代金、俺たちの税金」←こんな事を偉そうに言うのなら、行政を捻じ曲げ、文書改ざん、自殺者までだし、お友達に税金を垂れ流した安倍晋三にこそ文句を言え。立場の弱い者には居丈高、権力には阿る、最低最悪の日本人気質。

9

和田政宗議員「安田氏の解放。自己責任との声があるが、そうであってもなくとも国民が拘束されれば政府はどんな場合も救出に動く。安田氏の話を聞いて皆様はどう思うだろうか?」

安田純平氏の解放。自己責任との声があるが、そうであってもなくとも国民が拘束されれば政府はどんな場合も救出に動く。安田氏の話を聞いて皆様はどう思うだろうか?

12

弁護士「安田純平さんは謝罪する必要は全くありません。むしろ私達が感謝する事こそ求められています」

3年以上も身柄を拘束され、いつ殺されるかもわからない状況の中で、よくぞ無事に帰られました。安田さんが再び戦場に赴くのかどうかは、これから考えることなのでしょうが、こうした官製でないジャーナリストが直接、現場の状況を伝えてくれるからこそ、わかってくるものがあります。私たちは、その価値を再認識する必要があります。

3

【理解不能】安田純平が「韓国人です」と話した理由 ⇒「実名を言うとか、日本人とか言うのは禁止されていたんです」

安田純平さん なぜ「私はウマルで韓国人です」と話した?解放されたフリージャーナリストの安田純平さんは、ことし7月にインターネット上に投稿された映像の中で、「私の名前はウマルです。韓国人です」などと話し、その理由が何なのかさまざまな臆測を呼んでいました。

9

予想通りキタ━━━━━━━━!!自称韓国人の安田純平さん「荷物を奪われてムカついてる」 「日本政府が動いて解放されたなんて思われたくない」

ー解放された瞬間というのはどんな?
荷物をすべて奪われたので、そのことがとにかく頭にきている。3年、40か月全く仕事も何もできなかったうえに、すべての資産であるカメラであったり仕事のための道具それまで奪われたというか、そこまでするかという。解放の瞬間はまずそれですね。

アクセスランキング