ヘイトスピーチ一覧

古本屋「ウチは差別本もヘイト本も置く。マルクスも聖書も置く。排除しない」⇒野間易通さん「でも売れない本は置かないんだよね笑」

あべの古書店(静岡)@Abeno_Old_Booksウチは差別本もヘイト本も置く。マルクスも聖書も置く。いかなる意見も尊重しないから、排除もしない。(あべの古書店主人)

記事を読む

【動画】韓国でカムリに乗っていたら、「おまえ日本人か、チョッ◯リか?親日派だな」など恫喝される

「ケムリ(カムリ)に乗っているという理由で悪口を言われた」という、ネチズンのエピソードが伝えられた。ケムリ(カムリ)のオーナーのAさんは去る4日にオンラインコミュニティーを通じ、「去る6月に忠北(チュンブク)で起きた出来事。ワイフ(妻)が子どもたちと一緒に帰宅中、悪口を言われた」というコメントと共に、車載カメラの映像を掲載した。

記事を読む

【京郷新聞】<寄稿> 日本の嫌韓、そのまま見過ごしていてはいけない。嫌韓を形成する成分を、ゆっくりと一つ一つ解体しなければならない。 

2018年8月15日、73周年の光復節を迎えて映画『カウントス(カウンターズ=Counters)』が公開された。『カウント(カウンター=counter)』という英語は、『パンテハダ(反対する)』、『パダチダ(跳ね返す)』という意味である。日本の嫌韓デモや嫌悪発言に反旗を翻し、行動に乗り出した人々を称するカウントス(カウンターズ)は、日本で2013年に登場した市民団体である。

記事を読む

【週刊朝日】最近、ありもしない陰謀論をうたい、攻撃的な発言をする集団が目立つ 例えば、ヘイトスピーチ

社会を震撼させたオウム真理教事件。一連の事件を指示したとされる元教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人の死刑が執行され、真相は闇に葬られた。オウム真理教とはいったい何だったのか──。

記事を読む

【週刊朝日】ヘイトスピーチの根底に、自分の不遇を責任転嫁するオウムと同じものが流れている

「オウムは、社会に人生の希望や理想を見いだせなくなった時代に出てきた。信徒たちが抱いたような虚無感は一般の人々にもある。人生について真面目に考えている人ほど、オウムのようなものに魅了される」

記事を読む

【朝鮮新報】ヘイトスピーチ対策法から2年/それぞれの現場から 

特定の人種や民族に対する差別言動の解消を図る「ヘイトスピーチ対策法」の施行から2年。社会を破壊するヘイトスピーチを取り巻く状況はどのように変化し、今後の課題は何なのか。差別の根絶、共生社会を実現するために闘う3人の論者に聞いた。

記事を読む

【朝日】長野県サイトに在日韓国人を「ならず者」「寄生虫」「在日特権」といったヘイトスピーチ表現 投稿をそのまま掲載

長野県が県政への意見を募っている「県民ホットライン」のサイトに、特定の民族や人種を標的に差別をあおるヘイトスピーチにあたる表現が複数、掲載されていることがわかった。ツイッターで疑問の声が相次いでいる。

記事を読む

京都府がまだ行われていないヘイトスピーチに対して事前に規制、「ネット上の発信内容もチェック」

特定の民族や国籍の人に対し差別的な言動を行うヘイトスピーチ。全国各地で問題となり国が対策法をつくるなど規制の動きも進んでいますが、京都府は公共の施設でヘイトスピーチが行われる恐れがある場合、つまりヘイトスピーチをしそうな人が施設を使いたいと申請してきた場合に、「使用を認めない」「許可を出さない」という方針を固めました。

記事を読む

【毎日新聞】在日コリアンらの排斥などを訴えるヘイトスピーチには生活保護受給者ら弱者を敵視する心理と共通性がある

生活保護受給者やホームレスなど、社会で弱い立場にいる人への攻撃的な空気が広がってきたのはいつごろからだろう。格差社会のもと、経済成長を遮二無二追求する中で、「生産性が低い」ことなどを理由に、排除しようという心理が見え隠れする。

記事を読む

琉球新報「在日韓国人に対するヘイトが止まらない。この瞬間も誰かが傷つけられている」

高校進学を控えた川崎市の男子生徒(15)が生活に不安を訴えているという。韓国籍と日本籍を持つこの生徒は、ヘイトスピーチを浴びた経験を基に作詞してラップで表現、新聞やニュースサイトで実名で紹介された

記事を読む

【全日本プロレス】岡田佑介 リングネーム『爆弾ヘイトスピーチャー』に!!「素を出せるように。まずヘイトスピーチできるように頑張ります」

諏訪魔、青木篤志、佐藤光留、岡田佑介のEvolutionが8日、神奈川・横浜市の全日本道場で決起集会。お揃いの背番号入りEvolutionジャージに身を包み、3・25さいたまスーパーアリーナ大会へ向けて結束を固めた。また、「爆弾ヘイトスピーチャー」なるニックネームを与えられた岡田は「素を出せるように。まずヘイトスピーチできるように頑張ります」と誓った。

記事を読む

京都府、民族差別などヘイトスピーチが予想される場合、公共施設の利用を拒否することを決定

京都府は4月から、民族差別などを助長するヘイトスピーチ(憎悪表現)が予想される場合に、府立体育館や公園などの公共施設の利用を拒否することを決めた。表現の自由などに配慮し、ケースごとに弁護士らでつくる第三者機関と協議して判断する。都道府県では異例の対応という。

記事を読む

【川崎】ヘイトスピーチ根絶を 市民団体が川崎市に禁止条例制定の意見書

ヘイトスピーチと呼ばれる差別的な言動を根絶しようと、川崎市の市民団体が、人種差別を禁止する条例を制定するよう求める意見書を市に提出しました。川崎市は、ヘイトスピーチと呼ばれる差別的な言動に公共施設が悪用されるおそれがあるときは施設利用を許可しないことなど、ヘイトスピーチを事前に規制するガイドラインを策定していて、今月施行されます。

記事を読む