Tagged: 世論調査

5

【速報】都知事選情勢調査 小池優勢 大きく引き離されて山本、小野、宇都宮 特定野党に激震

 毎日新聞は27日、東京都知事選(7月5日投開票)についてインターネット調査を実施し、情勢を探った。現職の小池百合子氏が優勢。大きく引き離されて、れいわ新選組代表の山本太郎氏、日本維新の会が推薦する小野泰輔氏、立憲民主・共産・社民各党の支援を受ける宇都宮健児氏が2番手を競る展開となっている。
12

【日韓関係】「悪い」、韓国91%で過去最悪…読売・韓国日報世論調査

読売新聞社と韓国日報社が5月22~24日に実施した共同世論調査で、現在の日韓関係が「悪い」との回答は日本で84%(前回2019年調査83%)となり、調査を始めた1995年以降計16回の調査で、2014年の87%、15年の85%に次いで3番目に高かった。
13

【朝日新聞】日本は最下位、中国が首位 コロナ対策の満足度調査

 日本では、新型コロナウイルス対策に満足していない人が多い――。シンガポールの調査会社ブラックボックス・リサーチとフランスの調査会社トルーナが実施した国際調査で、こんな結果が出た。23の国と地域でコロナ対策への評価を聞いたところ、高く評価する人の割合で日本が最下位だった。
1

【毎日新聞世論調査】 日本国民の韓国親密度、5点満点の1.9点・・・ロシアとともに最下位

毎日新聞が埼玉大学とともに企画した世論調査で、1285人を対象に10月~12月に実施された。韓国、米国、中国、ロシアの周辺4カ国を対象にした親密度調査で、「親しみを感じる」が5点、「感じない」が1点だ。
4

【調査】立憲民主党・国民民主党・日本共産党・社民党の支持率を足しても、自民党・公明党の支持率には遠く及ばず

選挙ドットコムでは、12月14日(土)・15日(日)に日本国内の18歳以上の方を対象としたハイブリッド調査(電話調査とインターネット調査を同じ設問で同時に行う方式)による全国意識調査を実施しました。電話調査(JX通信社と共同実施)では1,013件、インターネット調査(Gunosyリサーチを使用)では1,000件の有効回答を得ました。
6

【世論調査】ドイツ市民が選ぶ「世界平和を脅かす人物」 トップ5

DPA通信によると、世論調査機関YouGovは16-18日、ドイツ市民2024人を対象に「世界の平和を脅かす人物」を問うアンケート調査を行った。設問の人物には米国のトランプ大統領、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長、ロシアのウラジミール・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、イランの最高指導者ハメネイ師が含まれた。
2

【朝日世論調査】「桜を見る会」の問題、国会で引き続き取り組むべきか?「取り組むべきだ」40%、「その必要はない」50%

朝日新聞社は21、22日、全国世論調査(電話)を実施した。安倍内閣の支持率は38%で、11月の前回調査の44%から下落した。不支持率は42%(前回36%)と上昇。不支持が支持を上回るのは2018年12月以来で、支持率が4割を切ったのは同年8月以来となる。
7

【朝日新聞】「韓国が好きか、嫌いか」の世論調査をすることは日本人の嫌韓感情を煽る。新聞は分断に橋をかける工夫が必要だ

「韓国『嫌い』高齢層に多く」。9月17日の朝刊に、このような見出しの記事が載りました。朝日新聞社による電話世論調査の結果を報じるものです。記事には「韓国への好悪を聞くと、韓国を『好き』は13%、『嫌い』が29%、『どちらでもない』が56%だった。(中略)40代以上は『嫌い』が『好き』を大きく上回り、男性では50代以上の4割が『嫌い』と答えた」とありました。
1

【韓国世論調査】自称徴用被害者への寄付金支給案 賛成53% 反対42%

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題の解決策として発表したいわゆる「1プラス1プラスアルファ」法案を巡り、韓国の世論調査で賛成意見が反対意見を上回ったことが、17日分かった。文議長は一両日中に法案の発議を行う予定で、国会での審議が本格化すると予想される。
アクセスランキング