南京事件一覧

中国系カナダ人「南京大虐殺が起きたとされる12月13日をカナダの国家的記念日にしよう」

現在、カナダではなんと、南京大虐殺が起きたとされる12月13日を国家的な記念日にしようという運動が、現職の国会議員の主導でおこなわれている。 こちらの提唱者は、香港出身の華人系下院議員で、カナダの中道左派政党・新民主党に所属するジェニー・クワン氏(関慧貞)だ。

記事を読む

【福田康夫元首相】南京虐殺記念館の訪問「日テレのドキュメンタリーを見て虐殺は事実だったんだと、行こうと強く思った」

 小学校進学前におやじ(福田赳夫元首相。当時は大蔵官僚)の仕事(汪兆銘政権の財政顧問=1941~43年)の関係で南京に住んでいた。私は3カ月間だけの生活だったが、異質の体験だったね。

記事を読む

福田康夫元首相南京大虐殺記念館を訪問 日本の首相経験者で4人目「日本人は記念館を訪問し歴史を理解すべきだ」

福田康夫元首相が24日、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪問していたことが25日、分かった。中国メディアが報じた。日本の首相経験者では海部俊樹、村山富市、鳩山由紀夫各氏に続いて4人目。

記事を読む

【日テレ】中国メディア「日本のテレビ局がまた南京反省番組」

2018年5月15日、澎湃新聞は、日本のテレビ局が南京大虐殺に関するドキュメンタリーを再び放送したことを伝えた。日本テレビが14日早朝、45分間に渡り「南京事件2-歴史修正を検証せよ」と題するドキュメンタリー番組を放送したと紹介。

記事を読む

【南京事件】中国人男性「死者はたったの30万人か。少なすぎた」ネットに書き込み5日間勾留、釈放後に動画でネット世論を挑発

2018年3月4日、中国青年報によると、「南京大虐殺」について「死者はたったの30万人か。少なすぎた」などとネットに書き込み、5日間の拘留処分を受けていた中国人男性がこのほど釈放された。しかし男性は釈放後、虐殺犠牲者の慰霊碑の前で動画を撮影し、自分を批判したネット世論に向けて「せいぜい毎日目覚まし時計に起こされ、ラッシュや渋滞にもまれ、会社の犬として働いてくれ」などと語り、侮蔑的な言葉を繰り返し使った。

記事を読む