Tagged: 川崎

13

【NHKおはよう日本】川崎市の映画祭 慰安婦映画「主戦場」上映を巡る偏向報道が酷すぎる

川崎市で開催された市民映画祭で、予定されていた一本の映画が上映中止になり、大きな議論が巻き起こりました。主催者が中止を決めた背景にあったのは、先月(10月)閉幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で一部の展示内容に、脅迫や抗議が集まったことでした。取材を通して見えてきたのは、「表現の自由」をめぐって、少しずつ萎縮していく現場の実態です。
14

上映差し止め係争中の慰安婦映画「主戦場」川崎市の福田紀彦市長、市民の税金で開催費用負担 打ち切る考えなし

川崎市で開かれた映画祭で、一度は上映が中止された慰安婦問題をテーマにした映画が最終日の4日、一転して上映されました。 上映に懸念を示していた川崎市の福田紀彦市長は「内容ではなく、訴訟が起きていることへの懸念で指摘は適切だった」としたうえで、開催費用のうち市の負担分を打ち切る考えはないとしました。
36

慰安婦映画上映中止 是枝監督「主催者としてあるまじき判断で、作り手への敬意を欠いている」

川崎市で開かれている「KAWASAKIしんゆり映画祭」が慰安婦問題を扱った映画の上映を中止したことに抗議して、別の2つの作品の上映を予定していた映画製作会社の「若松プロダクション」は上映の取りやめを決め、会見で監督が「表現の場が失われている流れに異議申し立てをする」などと説明しました。
6

【川崎】韓国籍で指定暴力団 稲川会系組長 金永七容疑者を逮捕、マンション契約強要疑い 1年前にも強盗傷害で逮捕

神奈川県警高津署は29日、自宅マンションを自らの名義で賃貸契約するよう不動産会社に要求したとして、強要未遂容疑で、韓国籍で指定暴力団稲川会系組長の金永七容疑者(72)=川崎市高津区新作=を逮捕した。
9

【川崎】ヘイトに刑事罰、国内初の条例案はどうなる? 専門家が要請書を提出

川崎市が年内の成立を目指している、ヘイトスピーチを繰り返した人物に刑事罰を科す条例案。差別に刑罰を科すのは、国内で初めてのことだ。ヘイト言動をめぐる大きな節目を前に、全国の弁護士有志70人が10月28日、市長や市議会に対し、条例案の補強を求める要請書を提出した。
16

【川崎市600万円補助】慰安婦映画「主戦場」映画祭で上映中止に 出演者と著作権・肖像権侵害で係争中→ ミキ・デザキ監督「検閲だ!表現の自由を守れ」

川崎市で27日に開幕する「KAWASAKIしんゆり映画祭」で、慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」の上映がいったん予定されながら、中止されたことがわかった。映画の一部出演者が上映禁止などを求める訴訟を起こしたことを受けて、共催者の川崎市が主催者に懸念を伝えていた。
33

元慰安婦 緊急来日「安倍は我々が死ぬのを待っているのだろう。安倍に会いに来た」

旧日本軍の従軍慰安婦だった李玉善さん(92)の半生を追ったドキュメンタリー映画「まわり道」の上映会が5日、川崎市で開かれ、李さんが来日して参加した。「日本が悪いことをしたのに『やっていない』と言う。その結果、今の韓日関係悪化がある。歴史の否定は許されない」と話した。
12

川崎市がヘイト条例のパブコメ開始→パヨク「自由に差別を楽しめなくなるクソネトウヨからの嫌がらせのメールが川崎にクソほど来てるらしい」

俺も送ろうかね 採証など行政が必要なことを全て行い、しばき隊が介入することがない仕組、 判定の仕組を明示し権原者を明確化する、権原者に警官を含めない、異議申し立て手続きも明確化する、しばき隊がカウンターと称する罵声大会開催時、解散を命令出来るようにするなどなど 色々文句言いたい所はあるからね
22

【内ゲバ】猪野 亨弁護士「川崎市のヘイト条例に刑罰を科す方針に神奈川県弁護士会が支持する声明を出したというのだ。表現の自由への危機を弁護士会が後押しするなど言語道断だ」⇒しばき隊界隈発狂

川崎市では、ヘイト禁止に刑罰を科す条例を制定しようとしているが、こともあろうことか神奈川県弁護士会がこれを支持する声明を出したというのだ。 在野法曹の立場をかなぐり捨てた暴挙であり、表現の自由への危機を弁護士会が後押しするなど言語道断だ。
25

【神奈川新聞】川崎市 ヘイトスピーチ根絶「日本一の条例」へ ヘイト規制に刑事罰導入、市民団体が歓迎

 被害当事者から市民団体メンバー、弁護士、国会議員が駆け付けた。川崎市が成立を目指す差別根絶条例で福田紀彦市長が表明した「刑事罰導入」という決断。市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」が開いた記者会見は歓迎の声に染まった。
アクセスランキング