慰安婦一覧

韓国地裁、 慰安婦被害者を侮辱 葛飾区議の引き渡し請求検討へ⇒区議「一人の日本人として韓国の圧力には屈しません」

旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「少女像」に「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを縛りつけ、被害者らの名誉を毀損(きそん)した罪などで起訴された日本人の男、鈴木信行被告に対する公判が13日、被告不在のままソウル中央地裁で開かれた。

記事を読む

【科研費問題】杉田水脈議員 牟田和恵大阪大学教授は科研費1755万円で「私のアソコには呼び名がない」というイベントを開催し『慰安婦問題はMeTooだ!』という論文を発表しています

1755万円の科研費を使って「私のアソコには呼び名がない」というイベントを開催したり、『慰安婦問題は#MeTooだ!』という論文を成果として発表している大阪大学・牟田和恵教授の活動を毎日新聞が取り上げています(続く) 新世代によるフェミニズム 他の社会運動と連帯探る

記事を読む

韓国の市内バスに高校生が作った慰安婦広告が登場し大反響「忘れたら負けだから…」

2018年4月10日、韓国日報は、韓国の高校生たちが「日本軍慰安婦被害者の痛みを記憶し、歴史の教訓にしよう」と呼び掛けるバス広告を制作し、大きな反響を呼んでいると伝えた。

記事を読む

【日韓合意】韓国大学教授「文大統領の裁量で撤回・終了が可能!」の主張に韓国ネットも賛同「当然」「10億円も返して」

日、韓国の憲法学界から、朴槿恵政府時代の2015年に締結された慰安婦問題に関する日韓合意と関連し「文在寅大統領の裁量で締結を撤回・終了することが可能」という主張が登場し、注目を浴びている。写真は文大統領。2018年4月1日、韓国の憲法学界から、朴槿恵(パク・クネ)政権時代の15年に締結された慰安婦問題に関する日韓合意と関連し「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の裁量で締結を撤回・終了することが可能」という主張が登場し、注目を浴びている。韓国・世界日報が報じた。

記事を読む

香山リカさん、裁判所で「自分は本当の日本人、ほかは反日」とネトウヨ主張する男性と出くわす

 札幌地裁で開かれた元朝日新聞記者・植村隆氏が起こしている裁判を傍聴するためだ。植村さんは現在、元東京基督教大学教授の西岡力氏と出版社を東京で、そしてジャーナリストの櫻井よしこ氏と出版社を札幌で訴えている。両氏は植村隆氏を「捏造記者」と雑誌の論文やインターネットのサイトで繰り返し指摘し、それに対して植村氏は慰謝料の支払いと謝罪広告の掲載という形での名誉回復を求めている。

記事を読む

【慰安婦大国】「買春者だけを処罰しろ」国民請願6万人に肉迫 

性売買を取り締まる時、情夫と買春者のみを処罰する「ノルディック・モデル」を導入しようという国民請願が始まった。性売買の需要を遮断する方が取り締まりの実効性があるという国際的な流れに足並みをそろえようという提案だ。

記事を読む

【慰安婦問題】韓国外相「日本政府が自発的に心のこもった追加措置を取れば、われわれは歓迎するだろう」

韓国の康京和外相は30日付の韓国日報に掲載されたインタビューで、慰安婦問題に関する日韓政府間合意について、「日本政府が自発的に心のこもった追加措置を取れば、われわれは歓迎するだろう」と述べた。

記事を読む

1941年に中国に連れた慰安婦被害者(90歳)が死去 生存者29人に

旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は30日、被害者のアン・ジョムスンさんが死去したと伝えた。今年90歳だった。アンさんは1941年に中国に連れて行かれ、45年まで慰安婦としての生活を強いられた。解放(終戦)後の46年に帰国し、92年からソウル郊外の京畿道・水原に暮らした。

記事を読む

【慰安婦問題】韓国人教授の発言にネットで猛反発「慰安婦らは自発的に性を提供」

2018年3月23日、韓国のマルクス主義経済学派の学者 として知られる韓国人教授が、講義時間に慰安婦やろうそく集会をけなすような発言をしたとして、物議を醸している。韓国・アジア経済が報じた。

記事を読む

【韓国TV】慰安婦映画『沈黙』、東京で上映会・・・日本の観客の反応

80代の在日僑胞の監督が慰安婦被害のハルモニたちの闘争史を映画にして、東京市民の涙を誘った。 JTBCの『ニュースルーム』は18日、東京市内のある小劇場で『沈黙、立ち上がる慰安婦』が上映される現場を紹介した。映画を見た日本の観客からはため息が漏れた。

記事を読む

【米国】「韓人(コリアン)の売春組織を一網打尽」・・・アトランタやマサチューセッツで活動

マサチューセッツ州検察は15日、報道資料を通じてボストンやバージニア、アトランタなどの東部一帯で活動していた韓人(コリアン)の売春組織を一網打尽にし、連邦裁判所に送ったと発表した。

記事を読む

【八重山日報】ソウル市が発表した〝慰安婦虐殺〟根拠なし…奥茂治氏、中国で史料発見

元自衛官で慰安婦問題を追究する奥茂治氏は13日までに、那覇市内で八重山日報の取材に応じ、2月27日に韓国で開かれた国際会議でソウル市とソウル大学の研究チームが発表した日本軍による慰安婦虐殺を否定する証拠を発見したことを明らかにした。 現場とされた中国雲南省を訪れ、博物館や図書館を回り、関連書籍の入手やマイクロフィルムを確認。

記事を読む

【慰安婦問題】 李容洙(イ・ヨンス)「200才まで生きて日本の慰安婦蛮行を全世界に広報する」~フランス下院で証言

李容洙(イ・ヨンス, 90)慰安婦被害ハルモニは15日、京畿(キョンギ)広州(クァンジュ)のナヌムの家で持ったソウル新聞とのインタビューでまだ反省しない日本帝国主義の子孫らの肝を冷やす発言をした。

記事を読む

親日派で社会的に抹殺されそうwww 韓国人ユーチューバー「慰安婦問題を蒸し返してはならない」動画が韓国で物議

最近、ある韓国人ユーチューバーが韓国に批判的な態度を見せて話題になっています。特に慰安婦問題と現政権に対して鋭い反応を見せました。去る1月、ユーチューバー「NOBLEMAN」は、自分のチャンネルを通じて「慰安婦問題、新方針に対して韓国人たちは怒りを感じている」というタイトルの映像をアップした。

記事を読む

13才で慰安婦になった吉元玉(キル・ウォノク)の元に日本人大学生らが訪れ学習会

日韓合意を巡り両国間の溝が深まっている従軍慰安婦問題を考える初めてのスタディーツアー「キボタネ若者ツアー」に、日本人大学生ら17人が参加し、ソウルで13日、元慰安婦の吉元玉さん(89)と記憶継承や解決への思いを共有した。

記事を読む