慰安婦像一覧

大阪市、米サンフランシスコ市に慰安婦像撤去を再要求へ。撤去の可能性は低く、姉妹都市は解消の公算か?

米サンフランシスコ市が慰安婦を「性奴隷」と記した碑文や像を公共物化したことをめぐり、姉妹都市提携の解消を決めた大阪市の吉村洋文市長が、サンフランシスコ市長選(5日投票)の結果確定後に新市長に送付する通知で、改めて公共物化の撤回を求めることが14日、分かった。一定の期間内に回答が得られなければ、自動的に提携を解消することを検討している。

記事を読む

フィリピンの慰安婦像、中国系団体がフィリピン政府に再設置呼び掛け

2018年6月11日、中国新聞網は、フィリピンの中国系団体が同国政府に対し、慰安婦像の再設置を呼び掛けていると報じた。記事によると、12日はフィリピンがスペインから独立したことを記念する祝日

記事を読む

【米国】性暴行容疑で韓人(コリアン)の男が捕まる ニュージャージー州 パラセイズ・パーク

ニュージャージー州 パラセイズ・パークの40代の韓人(コリアン)の男が、性暴行の容疑で逮捕された。バーゲン郡検察は4日、パラセイズ・パークに住むテョン・ミンソン容疑者(42歳)を2級性暴行の容疑で逮捕した。

記事を読む

【慰安婦問題】産経記者「日本大使館前少女像、いつ片付けるのか」 ⇒韓国与党代表「そんな気サラサラない」

秋美愛共に民主党代表がソウル日本大使館の前「平和の少女像」撤去・移転するかどうかを質問した日本の記者に一針を置いた。 日本軍慰安婦被害者の名誉と人権回復のために作ら「平和の少女像」がなぜ日本大使館の前に設置したのかについての説明も添えた。

記事を読む

米韓人会会長「20世紀最大の性犯罪」知らせる 米国連邦議会議事堂での「平和の少女像展示」に日本の執拗な妨害工作

「今回の特別展示を通じて『平和の少女像』は歴史的痛みの象徴を越えて全世界の女性の人権と尊厳の象徴になることを期待します。」キム・ミンソン、ニューヨーク韓人会長は14日、マンハッタンの韓人会館で開かれた記者会見で来る6月7日、ワシントンDC連邦議会議事堂で開かれる「平和の少女像」特別展示の趣旨をこのように説明した。

記事を読む

【パヨク悲報】ドゥテルテ比大統領、慰安婦像撤去を支持「日本政府は多くの代償を支払ってきた。日本を侮辱すべきでない」

29日、フィリピンの首都マニラのロハス通りに設置された旧日本軍の慰安婦問題を象徴する女性像が撤去されたことについて、ドゥテルテ大統領は「公共の場所への設置は、日本を侮辱するものだ」とし、撤去を支持する意向を示したという。

記事を読む

【フィリピン】マニラの慰安婦像撤去 日本には前日に連絡

フィリピンの首都マニラに設置されていた旧日本軍の慰安婦を象徴する女性像が27日夜に撤去されたことが28日、分かった。昨年12月に設置され、日本大使館などが「残念だ」と遺憾の意を伝えていた。

記事を読む

【フィリピン】 慰安婦像のそばにショベルカー、何者かが撤去の動き?

2018年4月24日、フィリピン商報によると、フィリピン・マニラ市中心部の目抜き通り・ロハス通りで20日、海岸と通りの間に設置された慰安婦像のそばにショベルカーが設置され、像を撤去しようとする動きがあった。中国新聞網が伝えた。ショベルカーは誰が置いたかは明らかになっていない。フィリピン華僑青年連合会の洪玉華(ホン・ユーホア)会長によると、同市政府と国歌歴史委員会の双方とも「撤去は命じていない」と説明したという。

記事を読む

【若者の街】弘大前の慰安婦像、住民の反発で麻浦図書館前に設置へ

ソウル市内の弘益大学前への設置が進められていたものの住民の反発によって設置が中止された「慰安婦少女像」が、麻浦区城山洞の麻浦中央図書館前に設置されることになった。少女像の設置を進める市民団体は9日、大韓民国臨時政府樹立99周年を迎える今月13日に図書館前で少女像の除幕式を行うと発表した。

記事を読む

李在明(イ・ジェミョン)城南市長 「日本の態度は過去の過ちを繰り返すという意味」安城平和の少女像除幕式で日本批判

イ・ジェミョン京畿(キョンギ)城南市(ソンナムシ)市長が慰安婦問題をめぐる日本の態度と関連、「いつかまた過去の過ちを繰り返すという内心の意思を見せるもの」と直撃弾を飛ばした。イ市長は去る3日、京畿道安城(アンソン)ネへホル広場で開かれた平和の少女像除幕式に参加して「自分のした行動で他人が苦痛を味わった時、それを認めて謝る人は誤りを繰り返すまいと努力する。ところが

記事を読む

韓国メディア 「なぜ日本は少女像を恐れるのか」…日本軍性奴隷問題が人類普遍の問題で、国際世論化することを恐れているから

アリランTVは三一節をむかえて3月1日時事ドキュメンタリー「4ANGLES」で「日本はなぜ少女像を恐れるのか」等4つの短いドキュメンタリーを放送する、と28日紹介した。初めのコーナーでは日本が我が国のあちこちに建った平和の少女像をとりわけ恐れる理由について探る。

記事を読む

【韓国・水原】慰安婦像またバスに乗る(写真)

19日の午前、京畿道(キョンギド)水原市(スウォンシ)勧善区(クォンソング)谷?亭洞(コクバンジョンドン)の車庫で、水原平和の蝶などの関係者が、日本軍慰安婦被害者を称える『平和の少女像』を乗せた92番バスに乗って少女像を眺めている。

記事を読む

【厚顔無恥】「慰安婦」熱心なのに日本に観光PR ソウル市の身勝手

韓国は先月末の30日から中秋節の「秋夕(4日)」の3連休をはさんで9日まで史上最長の10連休中だ。土日のほか、神話に基づく建国記念日にあたる「開天節(3日)」の振り替えや「ハングルの日(9日)」を加え、さらに文在寅(ムン・ジェイン)・新政権の善政(?)で空いた2日まで休みにしてしまったためだ。

記事を読む

【読売/社説】慰安婦少女像 韓国は憎悪を定着させるのか

うんざりすることばかりだ。韓国内で、慰安婦問題に固執し、反日感情を煽あおる動きが続く。文在寅大統領が掲げる「未来志向」の日韓関係の構築は到底、おぼつかないだろう。 ソウル市鍾路区が、区内の日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像を「公共造形物」に指定した。

記事を読む

【大阪市長】米サンフランシスコ市市長から批判の書簡「姉妹都市を解消するとは恥ずべき事だ。過去ではなく未来を見るべきだ」慰安婦像巡り 

大阪市の吉村洋文市長が姉妹都市の米サンフランシスコ市に対し、旧日本軍の慰安婦像を市営公園に組み込むなら「姉妹都市関係は解消する」と発言した問題で、サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長が吉村市長に書簡を送り、関係解消について「恥ずべきことだ」と批判した。

記事を読む