Tagged: 改憲

石田純一 改憲 4

【石田純一】それでも「改憲」したいですか?(下)

 改憲を主張する人たちは、日本国憲法は制定されてから時間が経過し、時代に合わなくなっている、と主張する。たしかに、そういう面を“改良”できるなら、それに越したことはない。なにがなんでも改憲すべきでない、と頑なに訴えるのはどうかと思う。
3

【北朝鮮】日本の執権勢力が、憲法改悪に野心をさらけ出している。国際社会は、侵略戦争にまたもや踏み出そうとする「通常国家」日本を許さない。

自民党総裁選挙をはじめ鋭敏な政治日程を越えた安倍が、憲法改悪を強行するための方向に政権基盤を構築した。 内外世論の非難を免れるために安倍は「自衛隊」員に「矜持」を植えつけるべき「政治家の責任」について力説し、憲法改悪をいわゆる「国家の理想」というもっともらしい美辞麗句と結び付けて包装、宣伝している。
4

石田純一「それでも『改憲』したいですか?」

連続3選された安倍晋三総理は、これで悲願の憲法改正に一歩近づいた、と思っていることだろう。しかし、総理は現行の日本国憲法を、連合国軍の占領下においてGHQの草案に基づいて制定された、つまり押しつけられたものだと批判するが、日本国憲法よりもすぐれた憲法をつくる能力が、はたして今日の日本の政治家にあるのだろうか。
3

韓国メディア「防弾少年団Tシャツ波紋で『安倍にっこり』」~修正主義的歴史観に立った改憲推進、嫌韓感情に力得て

7人組男性アイドルグループ「防弾少年団」のメンバーがいわゆる「光復節Tシャツ」を着たことをめぐり韓日関係に少なくない波紋を呼んでいる。日本国内では今回のTシャツ問題と私たちの大法院の強制徴用労働者判決論議まで組み合わさり、反韓感情が急速に広がる雰囲気だ。
4

【自民党】石破茂氏「(安倍首相が)『自分の考え方はこうだ』とお述べいただかないと、どうやって議論が深まるんですか」  

 (同党の下村博文・憲法改正推進本部長が改憲論議を進めるために「安倍色の払拭(ふっしょく)が必要」と発言したことを記者団から問われて)憲法9条(改正案)は今まで党内で議論も何もなかったことを(安倍晋三)総裁が一言おっしゃってガラッと変わった。
アクセスランキング