Tagged: 日韓関係

14

【日経】反日が止まらない韓国も、いつかは新しい戦略的思考論の大切さに気付くだろう。その時まで不愉快であっても両国関係を制御していくしかない

従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意の形骸化、元徴用工への損害賠償判決、海上自衛隊機への火器管制レーダーの照射――。日韓関係は国交正常化後、最悪の状態に陥った。徴用工問題では、賠償だ差し押さえだと日本企業への不利益が現実になっている。
12

韓国紙「日本国民の10人中7人が韓国との関係悪化は仕方ない。日本が改善努力する必要なし」

日本国民10人中7人は韓国大法院の強制徴用判決後、悪化した韓日関係が改善されなくてもかまわないと考えていることが調査でわかった。 読売新聞が22~24日、実施した世論調査によれば回答者の72%は「韓国が受け入れ難い主張をする限り、関係改善しなくても仕方ない」と話した。これと関連して「関係改善のために日本が韓国に近付くことも考慮しなければならない」という返事は22%に終わった。
12

東亜日報「日本は鳩山由紀夫元総理の主張を聞け 。彼の心が、まさに現時点で韓日関係に最も必要な徳性」

1460年頃、日本の地方領主「大名」らは天下をとるために毎日のように戦った。武士政権「幕府」は解決のために喧嘩両成敗法を作った。原因の善し悪しを分けず、戦えば両方どちらにも同じように罰を与えるという意味だ。この法は江戸時代(1603~1867年)に慣習法に変わり近代に消えた。常識的に理解し難い法だが約400年間維持された。「法を作れば必ず守らなければならない」という日本文化の断面を見せる。
10

城内実環境副大臣「このままでは、地球が滅んでも日韓関係は良くならない。日本が韓国を甘やかしすぎたツケだ」

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、常軌を逸した「天皇陛下の謝罪要求」をしたことで、日本国民の大多数は隣国への怒りを高めている。日韓議員連盟の額賀福志郎会長が訪韓して「謝罪・撤回」を求めたが、韓国政府は放置している。同議連の限界を感じて退会した自民党の城内実環境副大臣は「このままでは、地球が滅んでも日韓関係は良くならない」と言い切った。
30

石田純一「 日韓相互不信に言いたい。本当の“敵”はほかにいるでしょ!日本だけ蚊帳の外にいる。安倍サン!文大統領としっかり話し合って」

 みなさんご存じのように、いま日本と韓国との関係が最悪だ。元徴用工訴訟判決やレーダー照射問題で、韓国は日本への強硬さを増し、それに対して日本も非難の応酬をしている。両国がひどい相互不信状態にあるのだ。
14

【吉報】韓国紙「今までの対立は今後に続く“巨大な破局”の序章に過ぎないのかも知れない」

 1月28日午後2時。日本衆議院のインターネット動画中継サイトに接続して、安倍晋三首相の施政方針演説に耳を傾けた。日本の首相は、毎年1月末~2月初めに始まる定期国会の開院初日、この演説を通じてその年の国政方針を公開的に明らかにする。
7

【ブルームバーグ】日韓関係はこの半世紀余りで最も深刻な状況に トランプ大統領は傍観者決め込む

トランプ米大統領が掲げる「米国第一主義」が米国とその同盟国との間で新たな対立を生み出している。アジアでは米国の安全保障上、最も緊密なパートナーである日本と韓国の関係がこの半世紀余りで最も深刻な状況となっており、経済や軍事関係に悪影響を及ぼし始めている。  
5

【中央日報】間接話法が好きな日本人、この頃らしくない直接的意思表明が飛び交っている。韓日関係においてのことだ。

日本人は直接的に話すことが殆どない。言葉を濁したり遠回しにして話したりする習慣が身についている。外国人にとってこのような日本人特有の「間接話法」を理解するのは並大抵のことではない。日本人特有の曖昧な会話の仕方を誤解して苦労したことも多かった。
5

【中央日報】国際社会でも韓国が外交的合意を一方的に破っているという認識が強い

韓日関係が八方塞がりに陥ってしまっている。慰安婦問題や強制徴用賠償判決などに関連した両国の葛藤はますます深刻化している。これに重なるようにして、日本海上自衛隊哨戒機に対するわれわれ海軍艦艇のレーダー派発射で誤解まで招いた。出口は見えていない。排水口が詰まって食器を洗った水があふれているのに、詰まりを解消する意志もアイデアもなさそうだ。
7

【中央日報】最悪に突き進む韓日関係、「経済ブーメラン」として返ってきてはならない

韓日関係が崖っぷちに突き進んでいる。強制徴用賠償判決と慰安婦和解・癒し財団の解散、そして「レーダー事件」と新日鉄住金の韓国国内財産差し押さえと続きながら悪化する様相だ。 ぎくしゃくした両国関係は国防白書にまで反映された。数日前に出された「2018年国防白書」は韓日関係と関連し、「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有」というこれまでの表現をなくした。
アクセスランキング