Tagged: 映画

1

韓国映画『赦しの旅』「神は日本を赦せと言った。赦せるようになるため東京まで自転車で走ってみた」

映画宣教師イ・ソンス監督が映画「許しのための旅(邦題:赦しの旅)」で帰ってくる。次世代と教会のために「教会文化の回復」をビジョンを持つイ・ソンス監督は「許しのための旅」ホームページを通じて次の通り告白した。「大衆文化は激しい宣教の地になりました。世界が無差別に大衆文化を量産し教会が萎縮する時代です。教会と信徒は文化宣教に目を開くべきで、今は世界に奪われた文化を取り戻す時です。」
2

【映画】原案はあの東京新聞・望月衣塑子www 社会派映画『新聞記者』(2019年公開予定) 松坂桃李とイソ子役の韓国の実力派女優とW主演 

俳優の松坂桃李が、新聞記者の望月衣塑子のノンフィクションを原案にした映画『新聞記者』(2019年公開予定)で、韓国の実力派女優シム・ウンギョンとダブル主演を務めることが5日、明らかになった。松坂は、ウンギョン演じる新聞記者と対峙する若手エリート官僚にふんする。
5

【映画】 「本当は何も知らない私たちのために」…日大生が東京で「朝鮮半島と私たち」映画祭開催

「私たちは隣国の韓国を本当に知っているのか?」日本東京渋谷区の映画館「ユーロスペース」で来る8日から一週間、韓半島をテーマにした映画祭が開かれる。 何より最近、日本企業に対する我が国の大法院の日帝強制支配期強制動員被害者に対する相次ぐ賠償判決と慰安婦和解・治癒財団解散などで両国関係が急速に冷却した中で開かれて注目される。
2

日芸の学生が映画祭『朝鮮半島と私たち』渋谷・ユーロスペースで来月開催

戦前からの朝鮮半島の歴史や在日コリアンとの関係に焦点を当てた映画祭「朝鮮半島と私たち」が12月8~14日、東京都渋谷区の劇場「ユーロスペース」で開かれる。日本大芸術学部(練馬区)の学生たちが「朝鮮半島のニュースが続いていても、どこか人ごとだった。日本との間の問題を身近なものとして考え直したい」と企画した。
11

【パヨク悲報】パヨク「横須賀市さん、慰安婦映画の上映会を後援して」 横須賀市「断る」

今月16日に茅ケ崎市民文化会館で上映されたのは、茅ケ崎市に住む映画監督、朴壽南さん(83)が制作したドキュメンタリー映画「沈黙-立ち上がる慰安婦」。先の戦争で旧日本軍の「慰安婦」にさせられた女性たちの証言や闘いを記録映像で描いている。
アクセスランキング