Tagged: 最高裁

0

【NHK調査】日本国民69%、徴用賠償判決『納得できない』・・・『納得できる』は2%

NHKは去る9日から3日間、全国18歳以上の男女1215人を対象に実施して13日に公開した世論調査の結果、大法院の強制徴用判決について『納得できない』という回答が69%で圧倒的に多かった。判決について『納得できる』は2%に過ぎなかった。『どちらともいえない』という回答は19%だった。

2

韓国政府「三権分立だ!!」の能書に対し、菅長官「ったく、司法含め国全体を拘束に決まってんだろ」

 菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、日本企業に元徴用工への損害賠償を認めた韓国最高裁判決で、判決を批判する日本側に韓国側が遺憾の意を表明したことについて「今回の判決は日韓請求権協定に明らかに違反し、遺憾だ」との認識を重ねて示した。

2

【産経新聞】 日本人の堪忍袋の緒は切れかけている 韓国よ、いつまでも日本に甘えるな

3年前、福岡県田川市に住む元飲食店経営の李大一さん=当時(64)=に話を聞いた。李さんの伯父は戦前、筑豊地方の方城(ほうじょう)炭鉱で働いていた。「伯父は出身地・大邱(現在の韓国)の朝鮮人村長の命令で日本に来た。でも、自らの意思で職を求めて来た半島出身者がずいぶんいたと言っていた」

3

韓国最高裁の『徴用工判決』に日本政府や言論が頑なに非難・・・「もし相手が中国だったら?」

筆者は去る10月29日~11月1日に東京を旅行した。二日目の10月30日、韓国の大法院(最高裁)で『徴用工判決』が出た。この判決以降、安倍総理をはじめ、日本のマスコミは連日『断交』や『韓国は国ではない』というなど、日本国内の与野党も口をそろえて韓国を猛非難し始めた。

4

【法よりも情緒】韓国最高裁「宗教上の理由で兵役拒否は正当」最高裁判決を最高裁が覆す

韓国最高裁は1日、宗教的な信念で兵役を拒否し、兵役法違反罪などで起訴された宗教団体信者の30代男性の上告審で、「正当な兵役拒否理由」に当たるとして、懲役1年6月を言い渡した2審判決を破棄し、差し戻した。2004年に有罪判決を出した最高裁の判断を14年ぶりに覆した形だ。

5

朝日新聞 「韓国は法の上に『国民情緒法』がある。世論の支持を得るために徴用工問題が巻き込まれた」

韓国の最高裁判決は、国と国との約束である請求権協定を覆してでも、元徴用工に賠償するべきだと指摘した。請求権問題の解決は、1965年の国交正常化の前提であり、判決は日本の政府や企業にとって受け入れられないものだ。

2

【韓国最高裁判決】 請求権12億2千万ドルを要求したのに3億ドル(無償分) しか受けられず、強制動員の慰謝料まで含まれたと見るのは難しい

大法院の合議体はこの日原告の損害賠償請求権が1965年に韓日政府が結んだ請求権の協定の適用対象に含まれないと判断した。 「日本政府の不法な植民支配および侵略戦争の実行に直結した日本企業の反人道的不法行為」によってもたらされた慰謝料請求権という理由からだ。

12

韓国内に財産は無いと思われてた新日鉄住金 韓国のポスコ製鉄所の株を3%保有 早速差し押さえへ

日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者が新日本製鉄(現新日鉄住金)を相手取った訴訟で、韓国大法院(最高裁)が30日、
原告勝訴とした判決を出したことで、原告側は賠償請求が可能になったと喜びの声を上げた。

 韓国の大法院はこの日、韓国人被害者4人が新日本製鉄に損害賠償を求めた訴訟で、原告を逆転勝訴させた差し戻し控訴審判決を支持し、
新日鉄に原告1人当たり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じた。 

14

【徴用工判決】日本の支援団体「企業側は直ちに補償を。それが日韓の長期的な信頼関係につながる」

原告である韓国人の元徴用工4人のうち、3人は亡くなっている。支援団体は、残された原告の李春植(イチュンシク)さんも90歳を超えている点を強調。「残された時間はない。企業側は直ちに補償してほしい」と訴え、それが日韓の長期的な信頼関係につながると訴えた。

9

【超速報】徴用工判決 韓国最高裁「強制徴用賠償請求権は消滅しない」とんでも判決キタ━━━━━━━━!!

太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁判所は、賠償を命じる判決を言い渡しました。徴用をめぐる問題について、日本政府は、1965年の国交正常化に伴う日韓請求権・経済協力協定によって「完全かつ最終的に解決済みだ」としており、今後の日韓関係に影響を及ぼすことも予想されます。

2

【徴用工判決】 韓国人弁護士「米国内にある日本企業の資産も差し押さえる法的手続きを進める」・・約270社が訴訟の対象、2兆円請求

韓国最高裁が30日、日本による朝鮮半島統治下で、「徴用工」として労働を強いられたという韓国人4人が、新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審の判決を言い渡すのだ。

アクセスランキング