朝日新聞一覧

朝日新聞「(いちからわかる!)慰安婦巡る日韓合意、また問題になってるね」

朝日新聞「(いちからわかる!)慰安婦巡る日韓合意、また問題になってるね」 1: ろこもこ ★ 2018/01/18(木) 21:...

記事を読む

【動画】菅官房長官ニヤニヤwww 日本のフェイクニュース大賞は?「いろいろ思い当たる節はあるがw」

菅官房長官ニヤニヤwww 日本のフェイクニュース大賞は?「いろいろ思い当たる節はあるがw」 1: nita ★ 2018/01/...

記事を読む

小川榮太郎氏「朝日新聞の訴状が正式に届きました。これは歴史に残る重大な不祥事、絶対「中身」を社会に広く知らせ、決着をつけるべき」

小川榮太郎氏「朝日新聞の訴状が正式に届きました。これは歴史に残る重大な不祥事、絶対「中身」を社会に広く知らせ、決着をつけるべき」 ...

記事を読む

【中央日報】朝日新聞は、日本の保守系メディアとは違い、被害者の観点で慰安婦問題を扱ってきたという定評がある

【中央日報】朝日新聞は、日本の保守系メディアとは違い、被害者の観点で慰安婦問題を扱ってきたという定評がある 1: ろこもこ ★ ...

記事を読む

朝日新聞「我々は森友・加計問題について、安倍首相が関与したとは報じてない!」←えええ!!??w

 朝日訴状(二)の「イ」に次の一文がある。 “原告は上記両問題(森友・加計問題)について安倍晋三首相が関与したとは報じていない。” わかった。そうか。 では、明日朝刊一面トップで読者に分かり易く本当のことを教えてやれ。 「森友加計問題に安倍首相の関与なし」

記事を読む

【慰安婦問題】産経新聞「あの朝日ですら、やんわりと韓国政府を批判し首をかしげていた。それだけ韓国のやり方は、異質で意味不明」

韓国政府が9日、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、日本側に再交渉は求めない一方で、日本政府が拠出した10億円と同額を韓国政府として拠出するとの対応方針を表明した。さて、これを在京各紙の社説はどう取り上げるかと注目していたところ、産経、読売、朝日各紙が早速、10日付朝刊でそれぞれ次のように書いていた。

記事を読む

「阪大医学部医学科 追加合格でした! やったあああ」→朝日新聞「突然恐縮ですが、阪大の件でお話をお伺いできないでしょうか。」→結果wwwwwwww

十六浪咲夜 @IzanamiSakuya 阪大 医学部医学科 追加合格でした!!!!!! やったあああああああああああ!!!!!!!!!!

記事を読む

【やっぱり朝日】殺人未遂容疑で朝日新聞販売所勤務 斎藤一成(28)容疑者を逮捕「死にたい」とツイッターに書き込んだ少女を誘拐、首しめる

ツイッターに「死にたい」と書き込んだ10代の少女を誘拐し、首を絞めたなどとして、警視庁八王子署は3日、殺人未遂や未成年者誘拐などの疑いで、朝日新聞販売所(ASA)八王子東の従業員、斎藤一成容疑者(28)=東京都八王子市久保山町=を逮捕した。

記事を読む

【朝日川柳】「新元号安晋だけはご勘弁」「韓国カイロ日本氷嚢(ひょうのう)」

朝日川柳 西木空人選 2017年12月5日05時00分 メーデーに新天皇が即位する(兵庫県 前田勉) 新元号安晋だけはご勘弁(千葉県 宇井新) 新元号を掲げるのかね菅さんが(東京都 後藤克好)

記事を読む

【ユーキャン死ね】流行語大賞「フェイクニュース」の説明もまたフェイクだった

「フェイクニュース」が流行語大賞に 毎年大きな話題となる「ユーキャン 新語・流行語大賞」2017年の大賞は「忖度」「インスタ映え」で、それに続くトップテンの中には「フェイクニュース」が選ばれた。 この言葉が選ばれること自体には異論を挟む人は少ないだろう。なにせ大統領が頻繁に使っていたくらいである。

記事を読む

【長崎】黒田成彦 平戸市長「朝日新聞は嫌われてる新聞だと改めて実感した。何故廃刊にならないのか」

日本維新の会の足立康史衆院議員は30日午前の衆院憲法審査会で、憲法改正の国民投票に関連し、朝日新聞を名指しして「捏造(ねつぞう)、誤報、偏向報道のオンパレード」と批判した。具体的な根拠は示さなかった。

記事を読む

麻生大臣「55歳が昔は定年」「朝日新聞の社長夫人(55歳)が『私は老婆じゃない』と怒って基準が変わった。厚労省ではなく朝日が変えた」

麻生大臣「平均寿命53.5歳だった時の定年は55歳。今で言うと私達は終わってる。だから定年は55でよかったが30歳伸びた。現実問題として更に寿命が延びてるのでライフサイクルは変えるべき。年齢に代わる何かを決めるのが一番の問題」

記事を読む

【おまいう】朝日新聞 社説「『慰安婦』裁判有罪。事実を考慮せず虚偽と判断、理解に苦しむ。歴史の政治利用は厳禁、史実の探求が大切だ』

自由であるべき学問の営みに検察が介入し、裁判所が有罪判決を出す。韓国の民主主義にとって不幸というほかない。 朴裕河(パクユハ)・世宗大学教授の著書「帝国の慰安婦」をめぐる刑事裁判で、ソウル高裁が有罪の判決を出した。

記事を読む

朝日新聞 箱田哲也国際社説担当「安倍首相と北朝鮮は持ちつ持たれつの奇縁 」

北朝鮮による拉致問題に取り組み、「ポスト小泉」として頭角を現して首相に。一度目は短命内閣に終わったが、韓国大統領の竹島訪問への反発などを背に自民党総裁選を勝ち、首相に返り咲いた。

記事を読む

【朝日新聞】上野千鶴子「朝鮮半島有事が起きたら被害は想像を絶する こんな世の中に誰がした」

60年安保闘争のときには、樺(かんば)美智子さんが犠牲になった。あまり知られていないが、70年安保闘争のときにも山崎博昭くんという死者が出た。時は1967年10月8日、ベトナム戦争が熾烈(しれつ)な時期だった。

記事を読む