朝日新聞一覧

【朝日新聞】共生のために必要なこと カナダ・ケベックに移民受け入れの取り組みを見る

到着したら、まず講義 モントリオール市内にあるNGOのオフィス。講師を務めるスタッフが、アフリカ諸国などから到着したばかりの移民約20人を相手に、フランス語で話していた。

記事を読む

【ワロタw】アホ朝が大はしゃぎ「拉致問題は解決しない!安倍外交は失敗した!早く退陣!はよはよ」

安倍晋三首相は米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題を提起したことを受け、日朝首脳会談への意欲を重ねて示した。

記事を読む

【休刊日じゃなかったら】朝日社説を予想するスレ「勝利したからと言って安倍政権が信任されたわけではない」

野盗、野合、いや、野党のみなさまはこの敗北を受けて、どう安倍政権が信任 されたわけではないというロジックを組み立てるのが聞くのが楽しみだ。万一、勝っていたら絶対に安倍政権を叩く武器に使うんだろうけどね、笑

記事を読む

【新潟県知事選】朝日新聞の開票ライブ放送が完全にお通夜wwww

 新潟県知事選は10日、投開票され、無所属新顔の前海上保安庁次長、花角英世氏(60)=自民、公明支持=が、前県議の池田千賀子氏(57)=立憲、国民、共産、自由、社民推薦=ら無所属新顔2氏を破り、初当選を決めた。投票率は58・25%で、前回の53・05%を5・20ポイント上回った。

記事を読む

【パヨク悲報】北朝鮮「朝日新聞は安倍の犬ニダ!!」

北朝鮮の国営メディアは、朝日新聞のソウル支局長を「御用保守論客」などと名指しで非難する論評を相次いで発表した。朝日新聞は5月、経済改革の停滞へのもどかしさから、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が涙を流す映像が上映されたなどと報道していた。

記事を読む

【朝日新聞】石破茂氏「大親友の加計さんが、なぜ出てこられないか全く分からない」

 (加計学園問題の世論調査で「納得できない」の回答が多いことについて)(安倍晋三)総理がうみを出し切るとおっしゃったのに、そうなっていない。総理の思いにも反した結果だ。加計で国会が混乱するのは、国家にとって大損失。だけど、疑惑が続いたまま、国政が運営されることもあってはならない。

記事を読む

【自民党】石破茂氏「最近おかしいね、となった時にぼろ負けに負ける。政策の問題ではない、立ち居振る舞いの問題だ。」

石破派は個性強烈な集団で、寄らば大樹みたいなことがあまり好きではない。国会議員は、言うべきことをきちんと言わないと、有権者に対して申し訳がないと思う。正しいことは正しい、間違っていることは間違っている、それをきちんと言わないと自民党はよくならない。

記事を読む

【慰安婦問題】元・朝日新聞記者の植村隆「報道や論評は事実に基づくべきだ」 産経の「謝罪なき訂正」にあきれる

産経新聞に掲載された事実に反する記事で名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏(60)が 記事訂正を求めて民事調停を東京簡裁に申し立てていた問題。産経新聞が6月4日付紙面で訂正記事を 掲載したことを受け、植村氏と代理人が同日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した。

記事を読む

【朝日新聞】政権批判熱い石破氏 党内冷ややか 自民議員「安倍政権を批判したいだけ」「党員は苦しい時に後ろから弾を撃つタイプを一番嫌う」

9月の自民党総裁選で、「ポスト安倍」を狙う石破茂・元幹事長の政権批判が熱を帯びている。 発信力を強めて世論の支持を集める一方、党内の視線は冷ややかだ。

記事を読む

【朝日新聞・大阪社会部長】なお疑惑、幕引き許されない 森友問題、佐川氏ら不起訴

1年以上にわたって国政を揺るがせた森友学園問題で、大阪地検は財務省前理財局長の佐川宣寿(のぶひさ)氏ら国側の当時の関係者をいずれも刑事罰に問わないと判断した。8億円に及ぶ国有地の値引き、国会をだました悪質な文書改ざんと意図的な廃棄。どれもが何ら罪にあたらないことに、正直、釈然としない思いを感じる。

記事を読む

【アホ朝社説】麻生財務相 もはや辞めるしかない

麻生財務相はただちに辞任すべきである。公文書の重み、財務省が犯した罪の深さを理解できない大臣に、問題を解決できるはずがない。森友学園問題をめぐる決裁文書の改ざんを、財務省は「書き換え」と表現している。

記事を読む

【何新聞でしょう】偏った意見ばかり喚き散らし、批判には耳を傾けない 安倍論法はもううんざりだ!

質問に正面から答えず、一方的に自説を述べる。 論点をすり替え、時間を空費させる――。 1年半ぶりにようやく開かれた党首討論は、そんな「安倍論法」のおかげで、議論の体を成さない空しい45分となった。

記事を読む

【朗報】朝日新聞社、連結売上高が前年比2.9%減 6年連続の減収 広告収入下落

朝日新聞社が28日発表した2018年3月期の連結売上高は前期比2・9%減の3894億円となり、6年連続で減収だった。発行部数の減少に伴う広告収入の下落が響いた。

記事を読む

トランプと金正恩、「会えない」「会いたい」引き裂かれた二人

米国が全世界に「中止」と宣言した米朝首脳会談が、わずか3日間で再び「開催」の流れになった。米朝ともに、開かれないと失うものが大きいと判断したためだ。北朝鮮は会談実現に向けた「確固たる意志」を示し、トランプ米大統領は再び前のめりになっているが、非核化をめぐる溝は依然として深いままだ。

記事を読む

朝日新聞Gの最近の不祥事 「強制わいせつ・過労死隠蔽・麻薬密輸」 もはや反社勢力だろ…

 朝日新聞社で、上司が女性記者にセクハラをした疑いがあることがわかった。週刊文春の取材によれば、3月、経済部の歓送迎会が開かれた。女性記者は幹事の一人で、その後、男性の上司とバーに流れた。朝日新聞の中堅社員が証言する。

記事を読む