Tagged: 朝日新聞

3

朝日新聞が全面広告企画で偽装勧誘カルトの教祖本を抱き合わせ宣伝、寄稿者からも批判

 朝日新聞が3月28日朝刊に「新しい世界に羽ばたく人に贈りたい 本の力」と題して、12冊の書籍を紹介する全面広告を掲載した。12人が書籍を1冊ずつ推薦する形式で、自社の書籍を紹介する出版社社員、自著を推薦するタレント、自著以外から選定した本を推薦するエッセイストなどが混在。その中で、浄土真宗親鸞会の教祖・高森顕徹会長の著書が上段に掲載されていた。
2

朝日新聞(女性役員数2人)「日本の女性議員割合は166位!」

国際女性デーの8日を前に、国際的な議員交流団体「列国議会同盟(IPU、本部スイス・ジュネーブ)」は5日、2020年に世界の国会議員で女性が占める割合が平均25・5%だったとする報告書を発表した。1995年(11・3%)から2倍以上に伸びたが、昨年比では0・6ポイントの鈍い増加にとどまり、男女同数を達成するには「50年かかる」と警鐘を鳴らしている。
3

【痛快】朝日新聞が赤字で「社員の購読を自腹化」 部数減で苦肉の策、社員から不安や憤りの声も

朝日新聞社が社員に対する自社の新聞購読料の補助を廃止することが、東洋経済の取材で明らかになった。 同社ではこれまで、社員による朝日新聞の購読で発生する料金を、福利厚生の一環として会社が負担してきた。しかし、この制度が2021年4月以降のどこかで廃止される見込みだ。
11

【朝日新聞】「生きづらさ」在日韓国人女性の「複合差別」調査へ コロナ禍で市民グループ

 新型コロナ禍で在日コリアンの女性が直面する「生きづらさ」を明らかにしようと、大阪の市民グループが調査に乗り出した。コロナが女性により大きな打撃を与えていることが国際的な課題となる中、マイノリティーに属する女性の暮らしがどう変化したのかを可視化するのが狙いだ。
10

【朝日新聞/田渕久美子】チョコレート、女性から男性に贈る、でいいの? この「女性から」、というのがなんだかイラっとする

朝の連続テレビ小説「さくら」や大河ドラマ「篤姫」(ともにNHK)の脚本などで知られる田渕久美子さんは、女性の生き方を支援する「女塾」も主宰しています。そんな田渕さんから20~30代の女性へのアドバイス。
7

【動画】朝日新聞SF支局長「五輪組織委の会見。女性職員が椅子を引くためだけに出てきた様子に強い違和感を覚えました」

組織委の会見。冒頭で女性職員が武藤氏の椅子を引くためだけに出てきた様子に強い違和感を覚えました。私は米大統領会見など海外で多くの会見に出ましたがこんな光景はなく、椅子は自分で座ればいいはず。
3

【元朝日新聞記者】韓国メディアのいう日本の『右翼(ウイク)』とは?

朝日新聞の記者を辞めて4年になったが、今もフリーランスとして朝日新聞GLOBE+というオンライン版で韓国文化の関連記事を連載している。他にも朝日新聞GLOBE+で、東亜日報の記事の翻訳を担当している。ところが最近、『ウイク(右翼)』という単語を何と翻訳すべきなのかで悩んでいる。右翼は日本語でそのままウヨク(右翼)と翻訳できるが、何かニュアンスが異なる気がする。
アクセスランキング