Tagged: 朝日新聞

14

【元朝日】佐藤章「文在寅の会見コメントは極めて冷静かつ正義。安倍よ、独りの時によく考えてみな。」

文在寅の会見コメントは極めて冷静かつ正義。 「韓日間には不幸な歴史があり解決できなかった問題がある。日本政府はもう少し謙虚な態度を。韓国も知恵を集めて未来志向の関係を作ろうとしているが日本の政治家が争点にしている」との趣旨。
5

ドイツのスター記者がアサヒる メディア界に衝撃 記事を大量に捏造 国内外でジャーナリズム賞

ドイツの有名ニュース週刊誌シュピーゲルのスター記者が虚偽の記事を書き続けた上、同誌が誇る厳格な原稿チェックをすり抜けていたことが判明し、同国メディア界に衝撃が走っている。記者はルポの名手として知られ、国内外でジャーナリズム賞に輝いていた。地元紙は「ドイツメディア界最大のスキャンダルの一つ」と報じている。
3

朝日新聞「低成長の日本になぜ残るの?」

その時、海外への思いが強まった。「先生の反応は、昔の日本っぽいなって」。良い大学へ行き、大企業に入れば、年功序列で安泰――。 いまマレーシアでシェアハウスを経営する永田さんはそう振り返る。首都クアラルンプールの中心部にあるマンションの一室に、2段ベッドが並ぶ。自身もここで寝泊まりしながら、新規事業の立案や投資家集めに精を出す。
3

朝日記者「明けましておめでとうございます。政治家官僚経営者は左右の立場を超え国家を私物化し富を独占しています。マスコミは追及するどころか一体化し大衆から遊離するばかりです。」

本年も沢山の方にフォロー頂き沢山の激励を頂きました。政治家官僚経営者らエスタブリッシュメントは私腹を一層肥やすため結託して国家を私物化しています。マスコミは彼らと一体化する始末で、業界人の一人として忸怩たる思いです。
4

【朝日新聞】レーダー照射問題で日本の岩屋防衛相が日韓協議申請、沈静化図る構えへ

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から火器管制レーダーの照射を受けたとされる問題で、岩屋毅防衛相は25日の閣議後会見で日韓防衛当局間で協議を行う考えを示した。日韓の見解が相違する中、事態の沈静化を図る構えも見せた。
2

【韓国軍火器レーダー照射】朝日新聞 英語版の配信記事「日韓の関係は苦い歴史を巡って冷え込んできた。朝鮮半島の植民地化、強制的に動員された労働者 そして、慰安婦」

日韓の関係はその苦い歴史を巡って冷え込んできた。それは、日本による1910-45年の朝鮮半島の植民地化、強制的に動員された労働者、そして、慰安婦(=戦時売春宿で強制的に働かせた少女や女性にたいする婉曲的な表現)を含む。
26

朝日記者「もし米国の反日団体が日本の原爆死者数を多すぎると批判したらどう感じるか。数字の幅に諸論はあっても南京で大量の虐殺があった事実は動かせない」

もし米国の反日団体が日本の教科書の原爆死者数を「多すぎる」と批判したらどう感じるか。数字の幅に諸論はあっても南京で日本軍による大量の「虐殺」があった事実は動かせない。そこを出発点とし、南京大虐殺記念館の展示の大幅変更を丹念に追う筆者の姿勢に共感する。
4

朝日新聞が右翼女性を利用して反基地抗議活動 冷たい雨の中、傘も差さず云々

沖縄の米軍基地内の従業員に向かい、たった一人で「基地反対」を訴え続ける女性がいる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、政府は14日にも沿岸部への土砂投入を始める。「どうしても土砂投入を止めたいんです」。静かに力を込める。
20

元朝日記者「よく飲みに行くが、一度だけ動くネトウヨみたいな人に会った。つくづく思ったのは社会に受け入れられないだろうなということ。同じように安倍ではアジアに受け入れられることはまずない」

ぼくもよく飲みに行くけど安倍支持者って人に会ったことがほとんどないね。ただ一度だけ、動くネトウヨみたいな人に会ったことがある。その動くネトウヨ見てつくづく思ったのは、これでは社会に受け入れられないだろうなということ。
アクセスランキング