朝鮮中央通信一覧

北朝鮮国営メディア「島国チョ◯パリ」「日本に無慈悲な報復」朝鮮学校生徒のお土産没収に激怒

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は5日、日本にある朝鮮学校の生徒が修学旅行で北朝鮮から持ち帰った土産品を税関で没収された問題を巡り、 「人道主義と国際法を乱暴に蹂躙した許せない野蛮行為、反人倫的悪行である」と非難する論評を掲載した。

記事を読む

【世界のカリアゲ】朝鮮中央テレビ 金正恩を「世界の指導者」と称賛

北朝鮮の国営テレビは14日、シンガポールで開催された金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の米朝首脳会談の映像を放送し、金委員長は普遍的に崇拝される「卓越した世界の指導者」であると評した。

記事を読む

【朝鮮中央通信】「日本疎外」という哀れな境遇 いまだに日本が世情を知らず気を確かに持てずにいるようだ←www

北南対話の交流が最中であった去る3月、「朝鮮の核実験準備」説を並べ立てて国際社会の非難を受けたことのある日本外相の河野が、このごろは「北朝鮮に対する圧力を最大限強化する」などの妄言をまたもや吐いた。

記事を読む

【トランプは狂ってる】北朝鮮メディアが米批判「力で圧殺しようとする凶心」

 北朝鮮は25日、国営メディアで南北閣僚級会談の中止の理由とした米韓軍事演習についての論評を報じ、 「アメリカが表では対話を云々して、裏では対話の相手方を力で圧殺しようとする凶心を自らがさらけ出した」などと、アメリカを批判しました。

記事を読む

北朝鮮wwwwwwwww 米韓軍事演習に怒り南北閣僚会談の中止を発表!!米朝会談中止も示唆www

北朝鮮、南北閣僚級会談の中止発表 米韓軍事訓練は「挑発行為」 北朝鮮は16日、米韓軍事訓練を「挑発行為」とした上で、同日予定していた韓国との閣僚級会談を中止せざるを得ないと発表した。

記事を読む

北朝鮮「制裁続けるなら対話を白紙にする」キタ━━━━━━━━!!

北朝鮮外務省の報道官は6日、米国が米朝首脳会談を前に、核放棄するまで制裁を緩めないとしていることや、人権問題を取り上げる構えを見せていることなどを非難し「相手を意図的に刺激する行為は対話ムードに冷や水を浴びせ、情勢を白紙に戻す危険な試みだ」と米国をけん制した。

記事を読む

【北朝鮮が名指し批判】反朝鮮特大型挑発妄動を振るったNHK放送に警告www

先日、日本のNHK放送は始めから終わりまで虚偽とねつ造で一貫したいわゆる「特集プロ」なるものを数回にわたって放映した。 人間のくずを推し立てたこの「特集プロ」で御用売文家は朝鮮を謗ったあげく、不作法にもわれわれの最高の尊厳まで甚しく中傷、冒とくした。

記事を読む

金正恩「核実験施設を廃棄」、ミサイル実験停止も決定

朝鮮中央通信(KCNA)は21日、北朝鮮が同国北部の核実験施設を廃棄することを決定したと伝えた。 今月21日から核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験を停止するとした。 北朝鮮が平和と経済成長を実現するために国際社会との対話に取り組む意向があるとも伝えた。

記事を読む

【効いてる効いてるw】北朝鮮が河野外相を痛烈に批判「圧迫共助に他国引き込む」と非難 日米会談を牽制

朝鮮中央通信は4月7日、「政治的『島国』は自ら招いたもの」という論評を配信した。 その中で、「(北朝鮮との対話を)急ぐ必要は全くなく、むしろ北朝鮮に利用されうると、朝鮮半島の対話の雰囲気に水を差すたわごとをまたもや言い並べて内外の非難をかき立てた」と、先月31日に河野太郎外相が高知県で行った講演を念頭に批判。

記事を読む

【北朝鮮】ひとりぼっちの境遇になった日本の安倍一味は荒唐無稽な詭弁で真実をまどわしてはならない

朝鮮中央通信社は20日、「荒唐無稽(こうとうむけい)な詭弁(きべん)で真実をまどわしてはならない」と題する論評を発表した。論評は、最近、共和国の主動的な措置と平和愛好的な提案によって北南間には劇的な和解の雰囲気が醸成され、朝米関係においても変化の機運が現れていると明らかにした。

記事を読む

北朝鮮「圧力強化を続けるなら日本は永遠に平壌行きの切符を得られない」

北朝鮮は、17日、日本政府が圧力強化に固執していると非難し、「永遠に平壌行きの切符を入手できなくなる」と警告しました。北朝鮮の朝鮮中央通信は、17日付けの論評で日本政府が北朝鮮に対する圧力強化に固執していると非難し、 「日本が分別を失い引き続き悪ふざけをするなら永遠に平壌行きの切符を求めることができなくなる」と警告しました。

記事を読む

【朝鮮中央通信】米紙「ワシントン・ポスト」の東京支局長「2017年は朝鮮にとってとても立派な一年であった」

米紙「ワシントン・ポスト」の東京支部長は、昨年は朝鮮が米国との正面対決で成功した年、米国の対朝鮮政策が完全に破たんした年であったとし、「2017年は朝鮮にとってとても立派な一年であった」と評した。

記事を読む