毎日新聞一覧

毎日新聞『ネトウヨのデモこそ規制せよ!』

かつて反戦集会の中心地であった新宿区は、8月からデモ行進の出発点に使える公園を、4園から新宿中央公園の1園に減らした。人種差別的なヘイトデモを機に、区の内規である公園使用許可の基準を見直し、学校や商店街などに近接する3公園を除外した。

記事を読む

【毎日新聞】「生産性ない」はナチの優生思想 識者ら批判 海外メディアも報道

 アルジャジーラの運営するオンラインニュースメディア「AJ+」は投稿で「生産」を強調し、動画で杉田氏について、安倍晋三首相と一緒に写った画像を添え「与党の自由民主党の国会議員だ」と紹介している

記事を読む

毎日新聞、特定野党の梯子外す「どんなに厳しく森友・加計問題を追及しても、そればかりでは支持は広がらない」

なぜ無党派層の中で支持の揺り戻しが起きたのだろうか。  ここからは推測になるが、森友・加計問題への関心が薄まっていると考えるほかない。安倍内閣を支持しない人の多くはもともと「安倍嫌い」で、森友・加計問題もけしからんと思っているのだろう。

記事を読む

【あったことをなかったことにはできない】前川喜平「面従腹背」毎日新聞出版より発売!なお出会い系バーについては触れない模様

安倍晋三首相と親密な関係といわれる学校法人加計学園が、国家戦略特区に獣医学部を新設した問題で、官僚トップの事務次官を務めた著者がなぜ「総理の意向があった」と記された文書の存在を認めたのか。

記事を読む

【フェイク報道を暴露w】毎日新聞特別編集委員「森友疑惑、攻める側の材料も曲解に等しく、ニュースとして致命的・・・」

疑惑をめぐり、果てしない攻防が続いている。果てしなくさせている理由は攻守双方にある。 疑惑など小事――とタカをくくる首相は高飛車な姿勢を崩そうとしない。攻める側にも、核心のファクトが精密でなく、曲解に等しい報道や、それに便乗する野党質問がある。

記事を読む

【変態毎日】82歳主婦「後を絶たない買春、盗撮、セクハラにもう黙っていられない!セクハラなくせ!」

 もう黙っていられません。買春、性暴力、盗撮、セクハラ……。世の中進歩しているのに、男性が女性を見る目は昔のままです。男は遊ぶものと洗脳された女性の意識は過去のものであり、現在の私たちは基本的人権を定める憲法に守られ、男女平等になりました。

記事を読む

アホ朝&変態毎日「加計新文書、首相動静は会っていない証明にはならない。会う手段はある」

加計学園の問題をめぐり、愛媛県が新たに国会に提出した一連の文書の中に、首相と加計孝太郎理事長が2015年2月25日に面会し、獣医学部新設についてやりとりを交わしていたと記録されていた。

記事を読む

【毎日新聞社特別編集委員】岸井成格さんの「ラストメッセージ」

特定秘密保護法、安全保障関連法、さらに憲法改正など、この国のかたちを変えていこうとする政治の流れの中で、テレビを通じてその危うさを伝え続けたのが岸井さんです。「NEWS23」(TBS系)のアンカーだった岸井さんが退任したのは、2016年3月25日でした。

記事を読む

【毎日新聞】これで人が育つ?生活保護、3年で160億円カット 安倍政権で続く減額

政府は2018年度から、生活保護の生活費相当分を3年かけて減額する。 その一方、「人づくり革命」の一環として、保護世帯の子どもの大学進学を支援する方針を打ち出した。こうした見直しは「子どもの貧困」にどう影響するのか、調べてみた。

記事を読む

変態毎日新聞「”国民の敵”発言は悲劇の始まり。ソ連の大粛清や中国の文化大革命思い出す」

民進党の小西洋之参院議員が16日夜、国会近くの路上で防衛省統合幕僚監部の3等空佐から「お前は国民の敵だ」と繰り返し罵倒された問題は、過去の暗い歴史を思い起こさせた。シビリアンコントロール(文民統制)の下にある現職自衛官が語った言葉の意味や影響を考えた。

記事を読む

マスコミの「世論調査は捏造が当たり前」だと、サヨクの鳥越俊太郎が言ってる

鳥越:毎日新聞の記者時代の経験ですが、例えば、選挙に関する世論調査の結果を発表する前に選挙の担当者が数字を“調整”するのをしばしば見てきた。 担当者が取材で掴んだ選挙区情勢と違うという理由です。そういった裏事情を知っているので、私自身は世論調査の数字を疑っています。

記事を読む

【毎日新聞】晩酌のお供にはキムチ奴がピッタリ

家飲みに欠かせないおつまみ。「簡単に作りたいけど手抜きとは思われたくない!」とお思いの方も多いはず。今回は、豪快盛り付けで手抜きに見えない冷奴をご紹介します。おつまみの定番「冷奴」を少し工夫するだけなので、今すぐ作れますよ♪

記事を読む

和田政宗議員に記者を名乗る怪しい男が大声を出してつきまとう

昨日、横田一というフリージャーナリストを名乗る人物に、ホテル内で約500mにわたり大声を浴びせられながらつきまとわれ、 何かされるのではないかと恐怖を感じた。「昭恵夫人と夫人付の谷氏と和田が一緒に写っている写真を出すぞ」と脅す口調で言われたが、防潮堤見直し活動の時に一緒に撮ったか写り込んでいるものなので「別にどうぞ」と言った。

記事を読む

【毎日新聞】在日コリアンらの排斥などを訴えるヘイトスピーチには生活保護受給者ら弱者を敵視する心理と共通性がある

生活保護受給者やホームレスなど、社会で弱い立場にいる人への攻撃的な空気が広がってきたのはいつごろからだろう。格差社会のもと、経済成長を遮二無二追求する中で、「生産性が低い」ことなどを理由に、排除しようという心理が見え隠れする。

記事を読む

【毎日新聞】「チーズタッカルビピザ」が話題を呼んでいる

 目白大学社会学部社会情報学科の学生が、人気の韓国料理「チーズタッカルビ」を再現したピザを考案した。米国発祥のピザ専門店「シェーキーズ」で期間限定発売され、話題を呼んでいる。「チーズタッカルビピザ」はコチュジャンをベースにしたソースが特徴。キャベツ、ニラ、チキンの上にゴーダとチェダーの2種類のチーズを載せ、ピリ辛で濃厚な味わいを再現している。

記事を読む