Tagged: 沖縄

4

【沖縄】玉城デニー知事、ヘイトスピーチ規制条例制定を検討 不当な差別的言動根絶へ

玉城デニー知事は国籍や人種、性別、性的指向などを理由とする差別の解消に向け「性の多様性宣言(仮称)や不当な差別的言動の解消に向けたいわゆるヘイトスピーチ規制条例の検討も行っている」と述べ、自身が公約に掲げる「誰一人取り残さない共生社会」の実現に取り組む姿勢を改めて示した。
16

ウーマン村本「左翼だろがパヨクだろうが馬鹿であろうがお花畑でも沖縄の声は守る。琉球を沖縄を民主主義の国に恥じぬよう守る」

左翼であろうがパヨクであろうが馬鹿であろうがお花畑であろうが沖縄の声は守る。琉球を日本にしたなら彼らの声を守るのが日本人の責任。辛い思いをさせてるいまが日本人の罪。沖縄は観光地の前に大切な仲間がそこで大事なものを守って生きてる。民主主義の国に恥じぬよう沖縄の民意を守る。当たり前。
5

玉城デニー知事「政府は、沖縄渡航者にPCR検査を受けさせる法律を作るべき」

沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は14日の記者会見で、沖縄県など離島への新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、沖縄などへの航空便に搭乗する前に、国内の空港でPCR検査や抗原検査を実施する法的な仕組みを政府が整備すべきだとの考えを示した。「旅行者や受け入れ側の安心・安全を守り、経済を回していくことにつなげていかないといけない」と述べた。
6

沖縄で「韓国・沖縄 抵抗の表現展」開催

展示会「光州(韓国)・済州(韓国)・OKINAWA 抵抗の表現展」が7日、宜野湾市上原の佐喜眞美術館で始まった。2020(同実行委員会、すでぃる主催、琉球新報社など共催)の一環。9月7日まで。
8

【朝日新聞】日本人は日本兵に殺された 地獄を体験、絞り出した言葉

過酷な体験を語ってはきたが、それでも口にできなかった記憶がある。終わらない戦争の証しを残してきたけれど、不安がぬぐえない。県民の4人に1人が亡くなった沖縄戦から75年。生存者たちがいま、伝えたいこととは。那覇市の安元勝子さん(81)は40年以上、県外の若者らに沖縄戦の体験を語ってきた。
アクセスランキング