蓮舫一覧

【自民党に居られなくなる作戦か!?】蓮舫「石破氏を心から応援しています。がんばっていただきたい!」

 自民党の石破茂元幹事長(61)が10日、9月の党総裁選への立候補を正式に表明した。安倍晋三首相(総裁、63)との対決姿勢を鮮明にした石破氏だが、党所属国会議員の支持は広がりを欠いている。そんな劣勢の石破氏には、意外な「応援団」がいる。国民民主党の議員を中心とした民主党出身者がエールを送っているのだ。

記事を読む

【闇の勢力】蓮舫「自民は光しか見えてない、影を見ろ」

 (自民党の二階俊博幹事長が「みんなが幸せになるために、子どもをたくさん産んで、国が栄えていく。食べるに困る家はない。こんな幸せな国はない」と発言したことに)戦中戦後を生きた方が、当時の価値観を大事にすることは否定はしません。けれども、政治家で与党の幹事長が、今なおその価値観を現在に押しつけてはならない。

記事を読む

立憲民主党「何裏切ってんだ!」 国民民主党「またカーちゃんが国会サボるなってうるさくて…」

空転していた国会は、来週、予算委員会での集中審議などを開催することで与野党が合意し、正常化することになったが、野党内の不協和音が表面化した。国会は、与党が20日、32日間の会期延長に踏み切ったことに、野党側が反発し、空転していた。

記事を読む

国会議員の「国籍」情報を公開せよ!くすぶる蓮舫氏を問題視 DHCグループ会長が野党を斬る

菅氏、鳩山氏、小沢氏(左から)ら民主党を支援したことは大失敗だった… 北朝鮮情勢が激動するなか、国会や左派メディアでは「モリカケ問題」ばかりが取り上げられ、国益を守るための安全保障や憲法改正の議論は下火だ。

記事を読む

【爆裂ブーメラン】 蓮舫「なぜ加計学園はアポ無しで愛媛県庁を訪れたのか 行くならアポを取るべきだ」

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり愛媛県が国会に提出した文書に対し、学園側が 「県と今治市に誤った情報を与えた」とコメントを出した問題で、学園の渡辺良人事務局長が 31日午前、愛媛県庁を訪れ、「多大な迷惑を掛け、誠に申し訳ない」と謝罪した。

記事を読む

【当たり前】豪でも二重国籍問題。5人の連邦議会議員が資格無効

オーストラリア連邦議会で9日、選挙当時に二重国籍を保有していたとして、議員5人の議員資格が無効となった。オーストラリア憲法は、二重国籍保有者が選挙で公職に就くことを禁止している。

記事を読む

【朝日】蓮舫「女は子供を産んでセクハラに耐えろと言うのか」

 驚くべき発言が自民党議員から出た。加藤(寛治)衆院議員が「ぜひとも3人以上子どもを産み育てて欲しいという話を、20年以上結婚式で必ずあいさつをしている」「子どもが生まれない人は、人様の子どもの税金で老人ホームに行くことになる」と。

記事を読む

【立憲】蓮舫「今日からゴールデンウィーク、前半は晴れて平年より暑いとの予報。」⇒批判殺到wwwwwww

おはようございます。今日からゴールデンウィーク、前半は晴れて平年より暑いとの予報。渋滞の運転、遊園地等の長蛇の列、ぐずる子どもと根気よく付き合う長い1日。もうそんな必要のない今は

記事を読む

【立憲】蓮舫「今日金曜日は黒い服を着て『me too』運動。 財務省セクハラ問題への対応への抗議と怒り」⇒初鹿・青山ブーメランwww

今日金曜日は黒い服を着て「me too」運動。財務省セクハラ問題への対応への抗議と怒り、そして連帯の言葉や黒い服を着た写真を #metoo をつけて投稿し、繋がる日に。

記事を読む

蓮舫「家事をやるダンナ探しも大事」女子高生とのランチ会

 立憲民主党の蓮舫参院国対委員長は3日、女性の社会進出などについて国会内で女子高校生と昼食をともにしながら意見交換した。蓮舫氏は「みんながこれからぶつかる壁を、次の世代がどうぶつからないようにするかを考えていけば社会は変わる」と呼びかけ、女性が働きやすい社会の実現を訴えた。

記事を読む

【おまゆう】蓮舫「安倍内閣のウソがはっきりした。総理の丁寧な説明というのは隠すことだった。愕然としています」

森友学園への国有地売却問題で、政府は12日、決裁文書が書き換えられていたことを認め、国会に報告した。文書からは安倍首相や昭恵夫人の名前も削除されていた。財務省による14の決裁文書の書き換えという“前代未聞”の事態に、与野党双方から厳しい声が飛んでいる。

記事を読む

【悲報】蓮舫『蓮舫』 #このタグ見た人は2文字で自己紹介する⇒大喜利にwwwwww

蓮舫・立憲民主党@renho_sha蓮舫#このタグ見た人は2文字で自己紹介する

記事を読む

【日刊ゲンダイ】二重国籍問題の矛盾、カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞で浮き彫り 蓮舫は批判されたのに「どうも、すっきりしない」

カズオ・イシグロさん(62)がノーベル文学賞を受賞したことで、国籍の問題が改めてクローズアップされている。イシグロさんは両親がともに日本人で、生まれたのは長崎市。5歳のときに父親の仕事の関係で英国に渡り、1982年に英国の国籍を取得したという。

記事を読む