Tagged: 輸出

11

キタ━━━━━!!現代自動車、乗用車に続きバスも売れず 日本から完全撤退かwww

現代車は2000年、日本に現地販売法人の現代モータージャパン(HMJ)を設立、ソナタ、グレンジャー、アバンテ、i30等主力モデルを投じて2001年から日本列島攻略を始めたが、日本全域に販売ネットワークを構築するなど大々的な投資にもかかわらず、年間販売量が2千台を超えず、すぐに10年もたたない2009年、電撃撤退を決めた。
1

国産イチゴ、TPP発効受け輸出強化 アジア市場開拓へ「攻めの農業」

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の発効に伴い今後、海外展開に向けた「攻めの農業」が期待される。既に味や形の良い国産イチゴの人気がアジアなどで高まり、輸出に参入する産地が相次いでいる。輸出額は年々増加し、長時間の輸送でも品質が劣化しにくい新品種や保存方法を導入し、市場開拓を目指す動きも。
5

日本産を追い出した「韓国産イチゴ」…東南アジアで「イチゴ韓流」狙う

東南アジア一帯に国産品種のイチゴ輸出が増加している。日本品種が蚕食した国内イチゴ品種をわずか10年で国産品種(普及率95%)に変えた後に得た成果だ。しかし、国外まで運送する過程でイチゴが柔らかくなるなどの問題で輸出農家が困難を経験している。これに農村振興庁が輸出農家の悩みを解決する栽培および包装などの技術を開発した。
アクセスランキング