駐韓米国大使にハリス太平洋軍司令官…対中・対北強硬派 中国国営メディアは「反対」

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

5 Responses

  1. 1
    はぁ? says:

    反対とか賛成とか口を挟める立場ですらねぇのに反対とか間抜けすぎ

  2. 2
    名無しさん says:

    韓国ならアグレマン(外交要人)着任拒否、ペルソナ・ノン・グラータ(離任命令)の権利あるぞ?

    もちろん、受け取り拒否や返品なわけだから
    権利の行使には責任と代価が伴うがね?

  3. 3
    名無しさん says:

    結局、何十年も前から邪魔しているのは中国。

    もう中国を潰さないと駄目だわ。

  4. 4
    ななしさん@えら呼吸速報 says:

    ならハリス氏を北京駐在米国全権大使にでもしたら、

    もしくは駐在米国大使を帰国wさせるとか?

  5. 5
    says:

    そもそも穏健派のビクター・チャが内定していたんだが、ブラッディーノーズ作戦と米韓FTA見直しに反対して、着任前に取り消しになった。
    ハリスは「中国が尖閣諸島に侵攻したら、日米安保の範囲」と言い切った人物で対中強硬派。
    つーか、トランプ政権の今の閣僚は強硬派か超強硬派しかいない。
    マクマスター、ポンペオ、ボルトン、ポッティンジャー、マティス、全員強硬派か超強硬派。
    マティスが比較的穏健に見える日が来るとは思わなかったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング