【トランプ2期目クルーーー!!】民主党 バイデン前米副大統領の息子、新疆ウイグルの監視アプリに投資

この記事もどうぞ...

ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
5つ星のうち4.1
百田 尚樹

11 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    オバマはもっとあからさまだった
    母違いの兄弟等調べたら驚く、未だに叩かれないのが不思議

  2. 2
    名無しさん says:

    次はオカシナ…いや、オカシオ・コルテスか?

  3. 3
    名無しさん says:

    基本的に米民主党は中国とズブズブだよ
    逆に富豪だから金では動かないトランプ大統領、やっぱりバイデンも金で転ぶわけだ
    バイデンも何が中間層の代表だよ

  4. 4
    名無しさん says:

    もともと民主党は奴隷制度容認のバリバリ白人至上主義となぜか少数民族保護の歪な構成なんだが、どうもリベラリストでも中国はダメってなりそうだな。民族弾圧してる中国をリベラリストが擁護してんのが不思議だったんだよ。

  5. 5
    名無しさん says:

    絵にかいたような親中のアカだな

  6. 6
      says:

    ソフトなウエポンディーラ―みたいな感じだね。

  7. 7
    ヒラリークリントン says:

    クリントンなんて中国が必死に手に入れたがっていた
    ミサイル制御装置を二つ返事でプレゼントしちまったんだぞ
    あれでどれだけアメリカ国民が危機にさらされているのか 汗

    しかもバス3台だったか4台だったかのロケット技術者を大量に送り込み
    中国が打ち上げられなかったロケットを打ち上げられるようにしてしまった
    大場化大統領だからな

  8. 8
    名無しさん says:

    パンダハガー売電、オワタ\(^O^)/

  9. 9
    名無しさん says:

    うわぁ…
    これ一番アカンやつやん。
    虐札に加担って…

  10. 10
    名無しさん says:

    アメリカを売る男。

  11. 11
    名無しさん says:

    チャイナゲートは、報道しない自由!
    マスコミ総掛かりの時は、都合が悪い時。
    それを隠す為に疑惑を殊更大きく、報道する自由!
    軍産複合体(法治国家)vsメディア複合体(人治国家)。
    真冷戦はコレに成る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング