41

【日韓関係悪化】池上彰「隣の人が嫌だから引っ越そう!なんてことはできないんだから、ちゃんとお互いのことを考えないと」

ジャーナリストの池上彰氏が、最近大きな話題になっているニュースの数々、そして今さら「知らない」とは恥ずかしくて言えないニュースの数々を分かりやすく解説するテレビ朝日系番組『池上彰のニュースそうだったのか!!』。17日(18:56~)の放送では、今年の上半期のニュースをカレンダー形式でまとめて解説した。
24

【西早稲田】杉田水脈議員「『天皇制に終止符を!』という集会の講師が、WAMの館長。このWAMの隣のビルに反天連の本部があります。住所は同じ」⇒ 町山智浩「国会議員がテロ煽動」

「天皇制に終止符を!」という集会の講師が、女たちの戦争と平和資料館(WAM)の館長。実は、このWAMの隣のビルに反天連(反天皇制運動連絡会)の本部があります。住所は同じ、新宿区西早稲田2-3-18です。
18

ネット編集者 中川淳一郎「韓国ネタはもはや娯楽。『嫌韓』から『嗤韓』状態になったのでは」

ネットでは、何かを揶揄することが一種の娯楽になっており、揶揄の対象はその時々で移り変わっていく。その風潮の中で「韓国」は常にネタとして消費され続ける対象になっている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、「嫌韓」から始まる韓国関連の話題のネットでの盛り上がり方の変遷について解説する。
15

ベストセラー「反日種族主義」の李栄薫氏「慰安婦は廃業の権利と自由を保有し、性奴隷でなかった」に元慰安婦が怒り「跪いて謝罪しろ」「私が歴史の生き証人」

日本軍慰安婦被害者のイ・ヨンスさんは19日、 李栄薫・李承晩(イ・スンマン)学堂校長の「日本軍慰安婦は性奴隷ではない」という主張に対して、「歴史の生き証人である李容秀(イ・ヨンス)が今、あなたに話をしている。 "神風部隊"にも行き、死なずに生きてきた被害者。 あなたにはそう見えないのか」と明らかにした。
15

【デリバリー慰安婦】 慰安婦像、ベルリンに外出、…ドイツ市民「これは明白な戦争犯罪。謝罪と賠償が必要」

日本の歴史わい曲がますます度を越えています。慰安婦少女像がドイツ統一の象徴であるブランデンブルク門で日本の戦争当時の蛮行を告発しました。少女像は大衆交通でも移動してベルリン市民と辛い歴史を分かち合いました。ベルリンからユ・クァンソク特派員の報道です。
3

【いまだにもめる】平昌五輪施設の活用問題、予想外の赤字規模に「当惑」=韓国ネットからはため息

2019年8月18日、韓国メディア・プレシアンなどによると、平昌五輪の一部施設の事後活用問題が1年以上解決しない中、運営主体が未定の三つの施設(スライディングセンター、スピードスケート場、アイスホッケーセンター)の赤字規模が当初の計画よりはるかに膨れ上がり、数十億ウォンに達することが分かった。
9

【未だ名前・写真無し】警察病院から逃走の韓国籍(60代)の男 バスに乗る姿が防犯カメラ⇒ 中野警察署「最善を尽くします」

窃盗事件で逮捕されたあと治療のため釈放されていた韓国籍の男が、18日午前、入院していた東京警察病院から逃走しました。防犯カメラには、近くのバス停からバスに乗る、男とみられる姿が映っていて、警視庁は盗みの疑いで逮捕状を取り、行方を捜査しています。

他サイト様・新着記事

アクセスランキング