Category: アニメ

2

中国国営中央テレビ、日本のアニメを14年ぶり放送 習近平指導部の日本重視の姿勢が背景か?

中国の国営中央テレビ(CCTV)が、13日から日本のアニメ『はたらく細胞(英題:Cells at Work!)第1シーズン』の放送を開始し、同国内のインターネットで大きく話題を集めた。中央テレビで日本のアニメが放送されたのは約14年ぶりで、日中関係の改善が背景にあるのではないかと指摘する声もある。
5

【Netflix】 「なんで旭日旗が堂々と」「鳥肌立った」...「鬼滅の刃」メイン画面に韓国人が激怒

グローバル オンライン動画サービス、ネットフリックスは旭日旗が見えるイメージをメイン画面に露出して視聴者たちの非難をかっている。 27日、様々なオンライン コミュニティに「ネットフリックスのメインにどかんと登場した旭日旗」というタイトルの文が多数登場した。該当写真は日本の人気アニメ「鬼滅の刃」ページの代表イメージ。
2

中国で炎上する“日本のオタク”コンテンツ

過去には茅野以外の声優も、中国のネットユーザーからバッシングを受けたことがある。『アイドルマスター』や『STEINS;GATE』などの代表作をもつ今井麻美は、2019年に行った大阪ライブでの発言が火種となった。
4

日本の人気声優が靖国参拝で中国人から批判 台湾ネット「どうぞボイコットしてください。中国国内は中国の作品だけで良い 」

日本の人気声優・茅野愛衣さんが靖国神社を訪れ、中国の一部ネットユーザーから批判を浴びている問題で、台湾メディア・自由時報は15日、台湾のネットユーザーの反応を紹介する記事を掲載した。
1

韓国人「話題になってるから俺も鬼滅の刃見たい…でも旭日旗、併合時代、右翼発言…」

韓国で2020年12月に公開予定だった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がコロナ禍による延期を経て、1月27日に封切りされた。反日不買運動が続く韓国では「鬼滅の刃」について以前からいくつかの論争があったが、今回の公開を韓国ファンはどのように受け止めているのか?今回の上映は最初の1週間に関しては、シネコンでの単館上映だった。
5

日本のアニメ人材、中国勢が囲い込み 正社員で厚遇

「日本のお家芸」とされてきたアニメ制作でプレーヤーに変化が起きている。騰訊控股(テンセント)など中国の動画プラットフォーマーが日本に進出し、アニメーターなど優れた人材の囲い込みに乗り出した。最近は実力を付けた中国企業が「このレベルでは使えない」と日本のアニメ制作会社に厳しい注文をつける事態も。
3

韓国の学生「僕は鬼滅が大好きなんだけど」周りから「お前は売国奴なのか?」と言われました…

「僕は鬼滅が大好きなんだけど、周りから“お前は売国奴なのか?”と言われました。歴史的な問題を考えると、このアニメがちょっとアレなのは分かりますが、それでも人の好みにあんな言葉をぶつけるなんて聞き捨てなりません。この前、『無限列車』の新PVを見たんですが、とにかくスゲー!」
韓国でレクサスの回復顕著=韓国ネット「私は子どもにジブリアニメ以外の日本製品を禁止しているのに」 2

韓国でレクサスの回復顕著=韓国ネット「私は子どもにジブリアニメ以外の日本製品を禁止しているのに」

韓国・朝鮮ビズによると、韓国では昨年7月に始まった日本製品不買運動の影響により日本車の販売台数が大きく減少していたが、最近になってレクサスとトヨタが回復を見せている。一方、「韓国撤退説」も出ているホンダは不振から抜け出せずにいるという。
アクセスランキング