Category: 映画

1

韓国人「話題になってるから俺も鬼滅の刃見たい…でも旭日旗、併合時代、右翼発言…」

韓国で2020年12月に公開予定だった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がコロナ禍による延期を経て、1月27日に封切りされた。反日不買運動が続く韓国では「鬼滅の刃」について以前からいくつかの論争があったが、今回の公開を韓国ファンはどのように受け止めているのか?今回の上映は最初の1週間に関しては、シネコンでの単館上映だった。
4

【韓国文化産業の黒歴史】不買運動も旭日旗騒動も関係ない!?韓国でも「鬼滅の刃」がヒットする予感のワケ

公開24日間で興行収入が約200億円、動員数が1500万人を超えるなど日本で社会現象を巻き起こしている映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が韓国でも12月に公開される。昨年7月に始まった日本製品不買運動の勢いが徐々に衰えを見せる中、どれだけ人気を得られるか注目されている。
2

中国政府が「ムーラン」拒否に反発 香港警察支持の主役女優に「あっぱれだ。彼女こそ真の中華の子だ」

 中国外務省は11日、人権問題を抱える中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区当局に謝意を示したことからウォルト・ディズニーの実写映画「ムーラン」のボイコットを呼び掛ける動きが広がっていることに反発した。同省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官が記者会見で「便宜を図ったことに感謝するのは、至極当たり前のことだ」と不快感を示した。
3

【私は香港警察を支持します】主演女優 の発言が物議…実写版 ディズニー映画『ムーラン』にボイコットの動きが

ディズニー映画『ムーラン』の待望の実写版が、9月4日からDisney+の一部加入者向けに配信を開始した。すべてのユーザーが視聴可能となるのは今年12月4日(金)だが、29.99ドル(約3,200円)の追加料金を支払った人たちは、一足早く同作を楽しむことができる(日本ではプレミア アクセス料金・税抜2,980円が必要)。
アクセスランキング