Category: パチンコ

7

【日刊ゲンダイ】在日韓国人2世「差別を受けながら、パチンコ店を経営。女遊びが原因で毎月100~150万は消え、店は倒産」

東京・江東区で在日韓国人2世として生を受けた山中剛さん(57歳・仮名)は、日本の私立大学卒業後、好きな演劇を学ぶためニューヨークに遊学していた。ところが突然、父親に呼び戻され、28歳で神奈川・相模原のパチンコ店を経営することに。
6

パチスロ大手のユニバーサルエンターテイメントが重症

S&Pグローバル・レーティングは18日、ユニバーサルエンターテインメントの長期発行体格付けを「B-」から「CCC+」に1ノッチ引き下げたと発表した。アウトルックは「ネガティブ」。5月25日付で指定していた引き下げ方向のクレジット・ウォッチは解除した。
3

【横浜】三店方式を守らなかったパチンコ屋、書類送検 

パチンコ店側が客から景品を直接買い取っていたなどとして、神奈川県警生活保安課は4日、風営法違反の疑いで、横浜市保土ケ谷区西谷のパチンコ店運営会社「青山」顧問の男(47)ら男女4人と、法人としての同社を書類送検した。 いずれもおおむね容疑を認めている。
4

【千葉】パチンコ・スロット店の閉店が相次ぐ 射幸性の高い機種の規制などで客離れが進んでいたところに、コロナウイルスの感染拡大が経営を直撃

 千葉県内のパチンコ・スロット店の閉店が相次いでいる。射幸性の高い機種の規制などで客離れが進んでいたところに、新型コロナウイルスの感染拡大が経営を直撃した。先行きが見通せない中、屋外レジャーといった新事業を始める企業も出てきた。
3

【衰退産業】パチンコ・パチスロ参加人口が1年間に200万人減少し813万人に

遊技業界に特化したマーケティング会社シーズのリサーチ部門(シーズリサーチ)がエンタテインメントビジネス総合研究所(EBI)、アミューズメントプレスジャパン(APJ)と共同で今年2月に実施した調査からの推計によると、遊技参加人口は約813万人で前年から2割も減少した。
2

【ぱちんこ業界】パチスロ参加人口約716万人、前年比約94万人の減少

日遊協はこのほど「パチスロプレイヤー調査2020」を発表した。 同調査は、5号機から6号機への移行が進む中で、パチスロの「参加人口」「参加率」「頻度」「満足度」の経年変化を確認し、遊技者の動向や考え方を把握するとともに、6号機の遊技状況や遊技者評価、及び遊技者が求める今後の6号機探索などを目的に行われ、今回はさらに今年の事象として、新型コロナウイルスやパチンコ店の禁煙・分煙化などにおける影響度合いも調査した。
アクセスランキング