Category: 慰安婦問題

3

【K―POP】吉元玉ハルモニ「Hay!Yo!尹美香~どこに行っても私を利用してばかり」「肋骨折れていても歩き歌を歌い」

与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員が旧日本軍の慰安婦被害者、吉元玉(キル・ウォンオク)ハルモニ(おばあさん)を酷使したとの疑惑を最初に提起した余明淑(ヨ・ミョンスク)元ゲームコンテンツ管理委員長が5日、尹議員の立場にあらためて反論する動画をユーチューブに投稿した。吉元玉さんが「(尹議員が自分を)利用した」と話す内容が含まれており、波紋が予想される。
5

【ユネスコ】「世界の記憶」慰安婦資料は凍結濃厚! 加盟国の阻止可能に

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は1日までに、「世界の記憶」(世界記憶遺産)の制度改革案をまとめた。「政治利用」を狙った申請案件について、加盟国が登録を阻止できる仕組みを設ける。7日に始まるユネスコ執行委員会は改革案を承認し、新制度に基づいて来年、「世界の記憶」の登録申請を約5年ぶりに再開することを決める見通し。
5

【ドイツ】 ベルリン慰安婦像の前で「人種差別をやめろ!」アトランタコリアンマッサージパーラー銃撃事件を追悼

韓国系4人を含む8人の犠牲者が出たアトランタ銃撃事件を追悼する集まりが、ドイツベルリンの「平和の少女像」の前で開かれました。 現地時間で20日、コリア協議会をはじめ、ドイツベルリンの26の市民団体連合体からなる人種差別共同行動が人種差別撤廃のための集会を開きました。行事に参加した50人以上の市民たちはアジア人に対する人種差別や性差別をやめよと促しました。
2

【学術誌に掲載確定】ラムザイヤー騒動に見る韓国の学問追及と発言の自由

元日本軍慰安婦を“自発的売春婦”と呼び、韓国で激論を引き起こした米ハーバード大学法学大学院(ロースクール)のマーク・ラムザイヤー教授。韓国内では、同教授の論文撤回や掲載延期を求める声も上がっていたが、社会科学分野の学術誌「法経済学国際学術誌(International Review of Law and Economics 〈IRLE〉)」に掲載されることが確定した。
アクセスランキング