Category: 中国メディア

2

【人民網】WHO専門家が新型コロナ「武漢研究所起源説」を「政治的言説への迎合」と批判

今年1月中旬に中国を訪れ、新型コロナウイルスの世界規模の起源解明における中国部分の調査を行った世界保健機関(WHO)専門家チームのメンバーであるドミニク・ドワイヤー氏は18日、英紙ガーディアンへの寄稿で、「新型コロナウイルスは動物由来とするのが論理的だが、証拠を突き止めるには、なお数年を要する」と指摘した。澎湃新聞が伝えた。
1

【中国メディア】日本で交通事故が少ないのは、なぜなのか

 警察庁が1月に発表した昨年1年間の交通事故死者数は2839人で、1948年に統計を取り始めて以来最も少ない数となった。新型コロナの感染拡大による外出自粛も交通事故死者減少の一員になったとの見方もあるが、日本の交通事故死者数は1990年代以降基本的に減少傾向が続いており、2015年からの5年間で1300人近く減少した。このため中国のネット上ではしばしば日本の交通事故死者が少ないことが取り沙汰される。
6

【中国メディア】中国人に「誤解」されているアジアの強国、それが韓国だ

日本と韓国は歴史や領土問題などで摩擦が絶えず発生しているが、それは中国と韓国も同様だ。近年は韓国にTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)が配備され、急激に冷え込み、それ以降は低迷が続いているが、中韓が蜜月関係にあった時期はほとんどないためか、中国では韓国に対する理解はあまり進んでいないという。
5

中国「日本は米の準属国で制約された現状に不満がある。いつかギャフンと言わせようと企んでいる」

この30年ほどの歴史の中で、最大のライバルであったソ連の崩壊などもあり、「米国が唯一無二な世界の覇者になった」とする一方で、米国はさらなる発展へのモチベーションを保つために、世界各国の中から「潜在的な脅威」を見つけ出したがっていると伝えた。
3

【中国共産党機関紙】専門家「日本は被害国の人々との意思疎通を深め、共同発展を達成するために努力すべきだ」

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は23日、日本は中国に対する「わだかまり」を解くべきとする、中国現代国際関係研究院の胡継平(フー・ジーピン)副院長による論評を掲載した。以下はその概要。
7

【中国メディア】2002年の日韓W杯、「韓国には様々な疑惑や批判の声」「日本に対しては批判がないのはなぜか」

2002年FIFAワールドカップは、日韓共同開催という過去にない形での開催だった。中国メディアの百家号はこのほど、日韓W杯で韓国はイタリアやスペインなどの強豪を破り、準決勝進出という快挙を成し遂げたが、その過程を巡っては様々な疑惑や批判の声も出ていたと伝えつつ、「共同開催国の日本に対しては批判がないのはなぜなのか」と問いかける記事を掲載した。
アクセスランキング