Category: 地方紙

5

【反社】沖縄タイムス「工藤会トップ裁判、死刑は妥当か議論を呼ぶのは間違いない」

直接証拠がなくても、間接証拠の積み重ねで暴力団トップの関与を認定した異例の判断だ。 一般市民を襲撃した四つの事件で、殺人などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の総裁、野村悟被告に福岡地裁が死刑判決を言い渡した。検察側証人の信用性を認めて「首謀者として関与し責任は誠に重大だ」と、4事件全てで関与を認定したのだ。
5

【中日新聞/コラム】戦時性暴力、被害者の告発から30年 慰安婦の記憶、未来へリレー

 一九九一年八月十四日、韓国で一人の女性が「日本軍の慰安婦だった」と名乗り出た。戦時中の国家的性暴力を告発する初めての証言。長年、慰安婦問題に取り組んできた在日朝鮮人二世の梁澄子(ヤンチンジャ)さん(64)はその日を「勇気ある一人の被害者と、その声を受け止めた草の根の女たちの出会いが生んだ奇跡の瞬間」と呼ぶ。女たちの闘いの目撃者として、慰安婦の歴史を若い世代に引き継ごうとしている梁さんがこの三十年を振り返った。
10

東京新聞「五輪メダルラッシュの陰で老夫婦が孤独死した!(五輪開幕前に死去)」←何の関係もねーだろwwwwwwwwww

東京五輪柔道の男子100キロ級と女子78キロ級で日本勢がそろって金メダルを獲得した7月29日、東京都板橋区にある旧公団マンションの一室で80代の高齢夫婦とみられる遺体が見つかった。玄関は施錠され、エアコンやテレビはついたまま。2人はいずれも死後3週間ほど。五輪が開幕する前に、誰にも気付かれないまま息を引き取っていた。
11

【新聞労連】道新記者逮捕で声明「逮捕は行き過ぎ。報道の自由は形骸化し、国民の知る権利が犠牲になる」

新聞労連は7月12日、北海道新聞の記者が国立大学法人旭川医科大(北海道旭川市)の学長選考会議を取材中に建物内に無断で侵入したとして建造物侵入容疑で現行犯逮捕された事件について、声明を発表した。
アクセスランキング