Category: 共に民主党

6

【李在明】「少年工」から韓国与党大統領候補に 日本に対し対抗意識をあらわ 歴史問題でも厳しい姿勢【前科4犯】

来年3月の韓国大統領選の与党「共に民主党」候補の座を手にした李在明・京畿道知事(56)は少年時代に工場で働くなど貧困家庭から身を起こした「成功物語」が人々を引きつけてきた。一方でポピュリスト、反日の評がつきまとう。10日の演説では「日本を追い越す」と対抗意識をあらわにした。
4

【超反日】朝日新聞「韓国大統領選挙2022 李在明・京畿道知事 実行力に定評あり」

 1964年、韓国南東部の慶尚北道・安東生まれ。進歩(革新)系与党「共に民主党」に所属。貧しい家庭で育ち、小学校卒業後に工場で働きながら検定試験で高卒資格を取得。奨学金を得て大学を卒業し、弁護士になった。2010年にソウル近郊・城南市の市長に当選。
5

【韓国与党代表】北朝鮮と米国・日本の国交樹立で「朝鮮半島が安定」、韓米間の意見を共有するため訪米

韓国の革新系与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は19日、米議会関係者らと会うため、米ワシントンに向けて出発した。出発前、仁川国際空港で記者団に「膠着(こうちゃく)状態にある朝米(米朝)関係や南北関係を巡って交渉の糸口を探るため、韓米間の意見を共有する」と述べた。
6

韓国の国民年金 日本の「戦犯企業」に計約1500億円投資 韓国与党議員「国民情緒に合わない」

韓国の国民年金が、戦時中に朝鮮半島出身者を働かせたとして国務総理室所属の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」が指定した日本の「戦犯企業」に投資した金額が計約1兆6000億ウォン(約1500億円)に達することが19日、分かった。
2

【超朗報】韓国大統領選与党予備選、李在明知事圧勝の勢い 野党前検事総長に逆風

来年3月9日の韓国大統領選まで約半年となり、革新系与党「共に民主党」は李在明・京畿道知事(56)の優位が鮮明になりつつある。李在明氏は地域別予備選の序盤で過半数を獲得。来月10日に候補が決まる予定だが、陣営関係者は「このまま行く確率が90%以上」と自信を示した。
6

【韓国大統領選】「日本に警戒を緩めるな」 与党本命候補は強硬姿勢 

韓国の 文在寅ムンジェイン 大統領の後任を選ぶ来年3月の大統領選に向け、左派系与党「共に民主党」の候補を決める予備選が4日、中部・ 大田テジョン で始まった。世論調査で支持率トップの 李在明イジェミョン ・京畿道知事(56)が得票率54・8%で勝利し、順調な滑り出しを見せた。
4

【毎日も産経も】日本紙「文大統領、言論仲裁法改正案を撤回するよう与党を圧迫すべき」=韓国報道 

日本の新聞が韓国・与党「共に民主党」が推進する「言論仲裁および被害救済等に関する法律」(言論仲裁法)改正案が言論統制につながりかねないとの懸念を相次いで提起した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が与党がこれを撤回するよう影響力を行使しなければならないとも主張した。
アクセスランキング