香港に「国家安全維持公署」を正式に開設。犯罪者を中国大陸に連行可能に「治安を守る門番となる」

この記事もどうぞ...






5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    国家侮辱罪ってありだと思う。自分の住んでる国を批判侮辱したり外国人が侮辱するのは住んでる人への侮辱差別ですよね。厳罰があっていいと思う。問題は選挙もなく政府政権への批判が許されず国民の言論の自由を奪い迫害する独裁国家は糾弾されるべきだと思います。

  2. 2
    名無しさん says:

    やりたい放題、例えば新興の新たな商売をやって成功とかしても
    中国に金払えとか言われて、断ったら逮捕とか何でもやりたい放題やられる。
    もう香港はビジネスの場所でさなくなる。

  3. 3
    名無しさん says:

    これで志那と関係が深い国に出入りできる日本人は志那のスパイ確定だな。

  4. 4
    名無しさん says:

    この様な中国のトップを国賓で迎える日本の劣化止まらんな。

  5. 5
    名無しさん says:

    20世紀前半にアメリカで流行したディストピア小説が、いままさに、現実のものとなったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング