【中央日報】北京から消える韓国料理店、領土広げる日本料理店 日本料理店は目に見えて増えている

この記事もどうぞ...






7 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    その日本料理店だって日本人が経営してるわけじゃないんでしょ?
    北京の韓国料理店閉めた韓国人が商売替えしてるだけなんじゃないの?

  2. 2
    名無しさん says:

    日本でも赤坂とかでやってる韓国料理店が潰れているじゃん。
    在日焼肉屋も在日朝鮮人の店、税金払ってない、脱税とかで
    イメージが悪く客足が遠のいている、何よりも在日特権で
    肉の流通に入り込み、二束三文で仕入れ、10倍の値段で売ってるのが
    バレてるんだよ。

  3. 3
    名無しさん says:

    あと、イオンとかあの手のモールの中で、韓国料理が
    あったが、天丼屋とか、うどん屋とかにテナントが変わってるね。
    商店街のキムチ屋も、在日朝鮮人のイメージが悪くて、誰も寄り付かない。

  4. 4
    名無しさん says:

    今どき生粋の日本国籍保有者がシナに店を出そうと考えるかなぁ?
    どうせザパニーズだろ

  5. 5
    名無しさん says:

    韓国料理って何喰わすんだ?キムチと。。
    焼肉は朝鮮料理だし、チキンか。

  6. 6
    名無しさん says:

    韓国料理店では儲からないから、日本料理店(もどき)が増えている。

  7. 7
    名無しさん says:

    大体辛い酸っぱいしかわからない民族の料理なんてワンパターンで一回行ったらもう充分だろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング