「台湾に悪い印象の日本人はわずか1.6%、中国大陸は90%」=台湾駐日代表が明かす

この記事もどうぞ...






4 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    戦後すぐに中国国民党が乗りこんできて台湾を統治したが、日本統治時代とのあまりのギャップに逆に日本統治時代を懐かしむ人が大勢出たらしい
    台湾人の黄文雄氏が昔、90年代の著作で「国民党政権下で反日教育が推進されている。今後、日本統治時代を直接知る戦後世代が減っていくに従って、台湾もまた(韓国と同じように)反日国になるだろう」という悲観的な予測を披露していたが、良いほうに外れてくれたのは幸いだったと思う

  2. 2
    名無しさん says:

    日本の人口はなんだかんだで1億超えてるしな、台湾にルサンチマンをかかえている輩もいるだろうて。
    それにしても、やはり日本はブルーチームなのだな。こういうところできちんと意思表示できることがブルーチームたらしめているのだよ。

  3. 3
    名無しさん says:

    大陸由来の奴が外省人
    根っからの台湾人が本省人じゃなかったっけ?

  4. 4
    名無しさん says:

    白金台の駐日大使館みたいな施設に行って台湾のビザ処理したけどサービス最低だったよ。グーグルの評価見るとやっぱり悪いコメが多い。電話で先に確認しても、窓口で手続きしたら〇〇足りないとか言って、態度も悪いし、わざわざ遠くから来た人の事考えていない。アイツらは台湾のイメージ落とすために仕事してるのかよって思うくらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング