日本メディアゴリ押しの音声SNS「Clubhouse」の音声データに中国政府がアクセスできる可能性が?

この記事もどうぞ...






3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    先々週のワイドナショーで話題にしてたけど、どこがおもしろいのかわからなかったよw。

  2. 2
    名無しさん says:

    >Clubhouseに一部サービスを提供している中国企業Agoraを通じて
    この時点で「シナ政府はシナにある企業に対し情報を提出させることができる」とかいう法律で音声データをもっていかれること確定だろ
    どこの国のサーバに保存してあるから、とか関係ないよシナにとっては。シナの企業が管理してるデータだから、っていう理由だけで持っていかれる

  3. 3
    名無しさん says:

    スマホの危険性は利便性を武器に、個人情報を自ら
    提供しまくってる所。パソコンでのネットよりも
    情報駄々漏れ過ぎて怖いよね。何でも位置情報取るし
    電子マネーでお金をどれ位持っていて使ってるかもバレバレだし
    口座緋も付けやら、電話帳やらなにやらとんでもない個人情報の
    管理はもはや完全にSF映画レベル。この情報を街の監視カメラに
    登録したら、マジで個人特定なんて楽勝だろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング