「いずも」を空母に改修する日本 → 中国「なぜスキージャンプ台を採用しないのか」

この記事もどうぞ...






6 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    ふふふっw
    必要な時だけせりあがって来るのだよw
    変形ロボ好き民族舐めんなよw
    最終形態はいずもとかがが変形して合体して空飛ぶぞ!(嘘)

  2. 2
    名無しさん says:

    なんで中国はよその国の艦艇に口を出すんだ?

  3. 3
    名無しさん says:

    F-35Bなら、スキージャンプが絶対に必要というわけでもないしな
    スキージャンプならSTOL機でもより重装で飛ばせるという利点はあるけど、航空兵装を主に近接直協で運用するならそこまで重装にする必要がない
    むしろスキージャンプを装備するとヘリコプターの運用に支障をきたす(同時発艦機数が減る)から採用しないだろう
    それこそ米強襲揚陸艦と同じ理由で

  4. 4
    名無しさん says:

    技術があるから不用

  5. 5
    名無しさん says:

    単に「スキージャンプ式じゃないのはなぜか」っていう素朴な疑問をたどるフリをした、日本下げの記事じゃん。
    シナがガンガン企業を消して軍事費用を溜め込んでいる現状を、日本は警戒しているだけだからな。シナに「日本は軍備を拡張してけしからん」などと言われる筋合いはない。

  6. 6
    名無しさん says:

    個人的には、スキージャンプ台は嫌い!(笑)

    蒸気式カタパルト : 蒸気設備の追加が必要

    電磁式カタパルト : 今の発電システムで必要容量が足りるのか?
    足りるのなら、リニアの技術が有るから問題無い気がします

    支那の空母 : 元々はソ連の技術だろうに! 支那オリジナルじゃないし(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング