【東京新聞】東京国際大学特命教授「学術会議を民営化したら日本の未来にとって大きな危機に」

この記事もどうぞ...






5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    赤く染まっていた方が何かと有利な職種、
    だもの日本共存等のお仲間当然だろ。

  2. 2
    名無しさん says:

    パヨクってその場しのぎ以下の、秒で論破される謎理論言い始めるよね。
    学術会議にしがみつく学者連中なんて、ほとんどそんなレベル、結局強いバックがいないとイキれないんだろ?

  3. 3
    無しタロウ says:

    内閣府に設置されている学術会議は、国益を有する機関。
    白田圭子は、東京国際大学の特任教授、左派系に染まった様な奴が国家転覆の兆し
    そもそもが、独立国家にあるまじき機関、構成員が左翼系ばかり、
    独立国家としての国益に成る機関になれ、独立後即の改革だった。
    反社会の学術会議は、国費は無用活動報告も無しとは、跳んでも無い奴ら。

  4. 4
    名無しさん says:

    民営化すれば会員の任命に政府がかかわることもないから、
    むしろ自由な研究・提言ができるんじゃないか?

    血税をがぶ飲みし、特別公務員の衣をまとって売国三昧、
    なんてことはできなくなるだろうがなw。今までもしてないとは思うが。

  5. 5
    名無しさん says:

    以下ソースの部分に
    >米国の全米科学アカデミーや英国の英国王立協会などは、政府から独立しているため、ユネスコや国際学術会議などには、加盟できない。米国や英国などは、これらのアカデミーとは別に政府直轄の機関を作って対応している。
    って書いてあって笑った やっぱ学術会議いらないじゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング