【秋の風物詩】『ウイルス研究の父」イ・ホワン名誉教授、2021年ノーベル生理学賞有力候補に選定

この記事もどうぞ...






3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    受賞?って有る訳ないだろが、腐れ朝鮮人だぞ。

  2. 2
    名無しさん says:

     また一つ役立たずの台座が作られるの?

  3. 3
    名無しさん says:

    >イ名誉教授はウイルスの病原体と診断法、ワクチンまで全て開発する
    それって、そのハンタなんとかに対して、世界から全く需要がなかったからじゃないの
    ちょっと調べただけで、そのハンタなんとかによる病気が流行したのは今から50年以上も前の話で、いまでは見かけすらしないことがわかる。そこにこのイの業績が紹介されていることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング