【朝日新聞】柳美里さん小説、翻訳家が泣いたクールジャパンの裏面

この記事もどうぞ...






5 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    所得倍増~バブルのジャリンジャリンの時代に低所得重労働のウラ人生?
    見栄張って・できもしない商売に手を出して・身内で騙し合って・有り金なくしたよくある同胞ワールドだろ?

  2. 2
    名無しさん says:

    韓国ではよくあることを、日本で見つけると小説にできるのですねw。

  3. 3
    名無しさん says:

    たしかにアサヒが喜びそうな内容の本ではあったのだよな。
    翻訳版がどんな描写になってんのかはしらんけど。

  4. 4
    名無しさん says:

     柳美里が福島に移住してからの論調の変わりようには驚いた。パヨク放射脳の暴言暴挙を文字通り斬って斬りまくり。
     何が彼女を変えたの?

  5. 5
    名無しさん says:

    ハニトラやカネで攻勢を仕掛けてくるが、一方でそれに最も弱いのは当の特亜人らでもあるのだ
    水源が変わればポンポンと言うことも変わる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング