【新聞週間】琉球新報「戦争のために国民を欺いた過去を痛切に反省し、国民に代わり菅政権を監視します」

この記事もどうぞ...






13 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

     自社の社員の犯罪行為すら見逃してる発狂新聞がエラそうなこと言うなよw。

  2. 2
    白悪魔侵略 says:

    白人たちの世界侵略競争時代で アジア侵略者-英仏欄米まけ露に対する自衛日本 露撃退で救われた死那と属チョ鮮ンそれ無しなら白悪魔の奴隷だ千年もアフリカと同じだ。終戦まで守られ続けた属鮮は気狂いクレーマーになっている。白悪魔に支配された東南アジアは日本軍の自衛襲撃により独立に向かう切っ掛けを与えられた。今でも奴隷のままの方がいいと思う奴が 居るのか。
    アジアの盟主となるべき死那は何もできずだったし結局 白悪魔にくっ付てしまった そして最悪共産党に支配され大大殺戮を受け世界一時代遅れ侵略団になったウイグルチベットモンゴル及び南シナ公海侵略と尖閣侵入やっている。米に加担して日本も懲罰に加わるべきだろう。

  3. 3
    真実史観 says:

     新聞週間????日本無思索丸暗記半端者拡散週間!!!!
    実学皆無机上論者は半端者!戦後の役人や教授や先生や裁判官や記者や弁護士等々は、皆半端者!半端者はびこれば、韓国のように人面獣心人モドキ闊歩し、人間は途絶え、亡国!!
     思索=「(現実の実学のみで得られる現実世界の法則)物の道理」を、たどって、考えていく事。真実史観の思索(実体験実学有りで資料を基に考える)。丸暗記教授(資料など無視!教えられたものを丸鵜呑み丸暗記、非現実空想論騙り屋)。実学(物造りや動物飼育や植物栽培等の実体験)。虚学(机上丸暗記実体験皆無丸暗記学)。つまり、いまだに真実史観皆無の戦後教授は、全員が!!実学皆無との証である!!実学は、資料分析の羅針盤!!

    歴史家不在?皆無の日本!しつこい捏造難癖され放題!!! 
     スパイの巣窟NHK御用達の大江健三郎や加藤陽子等々!!歴史家騙りの詐欺師共よ!!!真の歴史家なら!!逃げ隠れせずに対処が職責!!!職責放棄給料泥棒の張りぼて教授ども!お前らは日本の敵!!国賊だ!!
    真実史観

  4. 4
    ななき says:

    一営利企業のサラリーマン風情が何様のつもりだ、羽織ゴロめ

  5. 5
    名無しさん says:

    自らの正義のためなら歴史も資料も証言も改ざんする新聞社がなにか言ってますね

  6. 6
    名無しさん says:

    いつまで戦争戦争いってんの
    そんなことより公約を守らないデニーのきじでもかいてろ

  7. 7
      says:

    反日新聞は日本から消えてねw

  8. 8
    名無しさん says:

    何で靖国行って英霊に謝罪しろって言わないんだろうな

    兵隊さんも国民なんだけどな

  9. 9
    名無しさん says:

    さっすが~、環球時報

  10. 10
    名無しさん says:

     × 上空取材
     ○ スパイ行為

  11. 11
    真実史観 says:

     新聞社や記者の正体、自白!無思索丸暗記の騙り屋!!!

    真実史観

  12. 12
    名無しさん says:

    だったら米兵の不祥事ばかりでなく県民交流とかも報道しろよアカの偏向報道新聞w。

  13. 13
    名無しさん says:

    >国民に代わって立法、行政、司法をチェックする役割を果たさなければならない。

    そんな事は頼んでもいないしおまえらの仕事でも無い、国民の権利と義務の侵害でありただただ害悪でしかない。
    報道の仕事は事実を正確に何の色も付けずに国民に知らせる事であって、勝手にチェックしたり自身の意見を押し付けたりする事ではない、そもそも過去の戦争に至る歴史を反省するなら国民を煽った報道も非難される対象であろうに何他人面して過去の反省から監視しますとか寝言いってんだ?
    過去の反省したら監視しますじゃなくて極力色を付けない事実のみの報道を心がけますにならなきゃダメだろ、国民に代わってチェックしますなんて言ってる時点で報道に携わる者は過去の反省がまるでないと自白してるのと同じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング