【お笑い韓国軍】1兆ウォンで導入した米無人偵察機、欠陥で飛行できず…部品調達もめど立たず

この記事もどうぞ...






7 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    またまた、技術をパクろうとして分解したんやろ
    分解したのはいいけれど元に戻せなかった
    うましか民族としかいいようがない!

  2. 2
    名無しさん says:

    「こいつら、分解してぱくろうとしたな。だから、部品供給できないんだろ。
     すぐわかったわ、これだけの記事で。」
    米は売り渡す兵器の核心部分を「ブラックボックス」化してるので、
    開けた途端、米に通報が入るシステムを採用している。と同時に爆破するシステムのはず。
    日本は同盟国の「信義にもとるとして開封しない」を国是としているが、
    嘘つき朝鮮人なら、もう誰もが結果を予測できるほど。
    で、結果は朝鮮人にはお馴染みの「兵器の共食い」で凌いでいるというわけ。
    米にしてみれば「お得意さん」なのだ。

  3. 3
    名無しさん says:

    確かに欠陥にしては多すぎるわ
    ブラックボックスをバラしちゃったから
    米国に部品を依頼できないんだ

  4. 4
    名無しさん says:

    韓国人がそもそも欠陥品という悲しい現実

  5. 5
    名無しさん says:

    まぁ今の韓国に、米国製品をリバースエンジニアリングできる人材がいるとも思えないが、それでもやっちゃうのが韓国
    仮に、本当に仮に単なる整備ができない韓国っていうだけの話だったとしても、せめて1年はちゃんと使いなさいよ

  6. 6
    名無しさん says:

    f-18vsSAM
    https://www.youtube.com/watch?v=bKsreHMX3xE
    この動画で機密保持のための装置破壊が見られる。
    もう手遅れだけど、
    勝手に分解すれば同様の事が起きるだよ韓国さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング