【日刊スポーツ】国民に理解されない野党共闘成果を言い張る日本共産党

この記事もどうぞ...






3 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    共産党としてはどうせ当選する見込みの薄い候補引っ込める代わりに立憲にあれこれ圧力かける手段を手に入れたんだから万々歳だろ
    立憲側は共産党の言うことを聞いても地獄(支持率や今回の共闘に関する世論調査を踏まえて)、聞かなくても「だったら次の選挙は対立候補を全選挙区で立てる」で地獄という状況

    仮に野党共闘が成功してたとしてもそれはそれで共産党が幅効かせまくるのは目に見えてたわけでどう転んでも地獄だったのはちょっと考えただけでわかるのにその脳すらなかったのが枝野以下立憲執行部
    玉川も某番組で玉木に「なんで共闘しないんですか!」と圧力かけてたけど結局玉木が正解だったのは選挙結果から明らかで当の玉川は夏休みという名の雲隠れだからな

  2. 2
    名無しさん says:

    共産党との選挙協力解消したら、次回の総選挙では、
    今回小選挙区で当選した議員のどれくらいが落選するんだろうな?
    それ考えたら恐ろしくて解消できないんじゃないか?

  3. 3
    名無しさん says:

    政界地獄耳に対して何かコメントしろといわれても・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング