立憲代表4候補「現実的な外交安保」も立憲共産路線維持へ 枝野辞める必要あった?

この記事もどうぞ...






2 Responses

  1. 1
    名無しさん says:

    ある意味、岸田、親中財務省内閣は完全に失敗で野党にとってチャンスなのだが、
    立憲共産党が政策を出すことができず、批判しかできない理由は政党で勉強していない事です。
    党員の意思統一ができず、各個人でバラバラな意見を言ってしまうので分裂してしまうから
    政治家としての知識が浅く、法案のチェックが全くできないのです。
    共産党と組むことで共産化が激しくなり本当の正体がバレましたよ。完全に共産党に吸収されましたね。親中維新橋下党と親中風見鶏タマキン国民党にチャンスがあるのかもね。

  2. 2
    名無しさん says:

    まあ誰が党首になっても政策提案型になれない政党には用はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントルール
・禁止ワードを設定しております。人種差別、個人情報、特定個人への誹謗中傷、スパム、コピペの乱用その他 管理人が不適切だと判断した書き込みにつきましては削除等の対応をさせていただきますので予めご了承ください。
アクセスランキング