Tagged: 中央日報

6

【中央日報】米国との「スワップ」霧散、失敗した「ワクチン外交」

韓国政府が「オオカミ少年」のようになりつつある。すぐに入ってくる、心配するな、11月には集団免疫が獲得できるだろう。その間に他の国々は40%、60%まで接種しマスクを脱いでいるが、韓国は人口比で1回目の接種がようやく3.9%水準(4月23日中央災害安全対策本部発表)とはいったいだれを信じるべきだろうか。
3

中央日報東京特派員「(日本で)苦しんでいる人たちがいる」

『東京特派員』という肩書をつけて記事を書いていると、しばしばこのようなコメントが寄せられる。「おい、コイツはなんでいつも日本の話しか書かないんだ?」、「今日も本国のニュースを伝えることに忙しいイ某記者」、それでは東京からハイデン大統領就任の記事を書くべきなのだろうか・・・。
5

【中央日報】菅氏は安倍氏とは違う?日本に手を差し伸べる韓国大統領府 

輸出規制をめぐって韓日葛藤が深まっていた昨年7月、チョ・グク当時青瓦台(テョンワデ、大統領府)民情首席はFacebook(フェイスブック)にYouTube(ユーチューブ)の『竹槍歌』のリンクを掲載した。竹槍歌は抗日意志を歌った民衆歌謡だ。
5

「ポピュリズム」の限界…反日という集団催眠に陥った韓国、国益に目を向けよ

バイデン時代の米国の外交政策はトランプ政権の時とはさまざまな面で大きく変わると予想される。この4年間に国際関係をビジネスの視点で見るトランプ大統領のために外交の予測可能性は失われ、米国の伝統的同盟国は背を向けた。特に韓国と日本は米国との防衛費交渉問題で大きな苦労をした。
2

【中央日報】北朝鮮には失うものがない 失う金がない 射殺しても好評を受ける

北朝鮮が非武装の韓国人を海の上で射殺しても失うものはない。逆に韓国は自国民が射殺されたのに明確な責任追及がみえない。人を殺したほうが萎縮して相手の顔色をうかがうべきなのに、どうしたことか殺されたほうが用心深い。北朝鮮の立場で今回の事態をみれば、計算書が出てくる。
アクセスランキング