Tagged: 朝日新聞

6

【朝日】新大久保駅事故から20年 最悪の日韓関係、「亡くなった韓国人に合わせる顔ない」の声

2001年にJR新大久保駅(新宿区)で線路に落ちた男性を助けようとした韓国人留学生の李秀賢(イスヒョン)さん(当時26)らが亡くなった事故から26日で20年になる。日韓関係はこの間、悪化の一途をたどっている。どうすれば改善の道が開けるのか。2016年7月から17年10月まで駐日韓国大使を務めた李俊揆氏に聞いた。
4

朝日新聞が中国製アプリTikTokを擁護「米政府が主張するリスクはデマ」

若者を中心に人気の高い中国製のスマートフォン動画アプリ「TikTok(ティックトック)」を排除する動きが、米国で急速に進んだ。音楽に合わせて利用者が撮った短い動画を公開するサービスは、全世界で月間8億人が使っているとされる。アプリの実態はどのようなものか。
15

【朝日新聞社説】慰安婦判決 日本側は韓国を無用に刺激しない配慮をする必要がある 日韓両政府の外交力が問われている

 ソウルの地方裁判所が昨日、元慰安婦らによる訴えに対し、日本政府に賠償を命じた。  日本政府は、この訴訟そのものに応じてこなかった。国家には他国の裁判権がおよばない、とする国際法上の「主権免除」の原則があるからだ。
5

【朝日新聞独自】本能寺の変に新情報 「光秀は本能寺に行かなかった」

天下統一を進めていた織田信長を支えた明智光秀が、主君を裏切った本能寺の変(1582年)。事件の87年後にまとめられた「乙夜之書物(いつやのかきもの)」には、参加した人物の証言として、光秀本人が本能寺に行かなかったことが書き残されていた。複数の研究者によれば、この古文書の記述は信頼性が高いとみられ、今後の研究を通じて、本能寺の変に新たな解釈が加わるかもしれない。
3

【朝日新聞】KY=病気とみなされる現代

空気読めない人=「病気」とみなされる現代 熊代亨さん インターネットのおかげで私たちはこんなにも自由になったはずなのに、なぜ追われるように「いいね!」を求めるのでしょう。精神科医の熊代亨さんは、お互いを商品のように「値踏み」する社会が、居心地の悪さを生んでいると指摘します。
4

【息を吐くように捏造する朝日】フランス紙の記事を配信するが、日本特派員から見出しを捏造するなと抗議を受け変更へ

フランスの日刊紙『リベラシオン』が2020年12月21日に掲載した村上氏のインタビューについて要約した約500字の短い記事ですが、フランス人の日本特派員から「見出しは正しくない」と指摘され、タイトルを変える事態となっています。
6

【朝日新聞】年末年始のGoTo一斉停止「むなしい」嘆く業者

コロナ禍での外出自粛に苦しめられてきた旅行・ホテル業界。書き入れ時の年末年始を迎えても感染の拡大は収まらず、頼みの「Go To トラベル」は28日から全国で一斉停止される。関係業者からは予約の取り消しに追われるむなしさへのため息や、方向性の定まらない政策への怒りの声が漏れる。
2

朝日新聞「民主主義はもうこりごり」

生出演は11日にあった。テレビニュースでその場面を見て、思ったのは沖縄のことだった。政府が地元の民意をかえりみずに辺野古の海への土砂投入を強行して、14日で2年になることは頭の中にあった。
アクセスランキング